あなたは「コブダイ」ってご存知ですか?恐らく、それほどのマニアでもない限り、一生のうちに数回、水族館で「チラッと」ご覧になったことはあるでしょう。でっぱったおでこがユーモラスなあのお魚です。

「コブダイ」ってどんなお魚なの?!

コブのあるのはオス。強さをアピールするといわれるコブ

コブダイは佐渡島(新潟県)以南の日本海や日本南部の太平洋などに生息し、寿命は20年前後だそうです。名前の由来となっている頭のコブが発達する理由も、自分の強さをアピールするためといわれています。固そうに見えるあのコブの中味は脂肪で、意外に柔らかいんだそう。コブのあるのがオスで、体長が80センチくらい、大きいものは1メートルを越えるんだそう。

ハーレムを作って暮らしているコブダイ

実はふだんのコブダイはなんと「ハーレム」を作って暮らしているのです。つまり、オスが1匹に対して、たくさんのメスがそばにはべっているのです。

房総半島の先っぽ、波左間海中公園にいるコブダイの「頼子」

波左間海中公園のヌシ、コブダイの「頼子」

房総半島の先っぽの 西側に出っ張ったところ東京湾に面した、「波左間海中公園」にはここのヌシのようなコブダイ、「頼子」(よりこ)がいます。

人懐こい頼子はなにかをささやくようにダイバーにすりよって来ることがあります。コブがあるからオスなんですが、名前は「頼子」。どうしてなんでしょう?

昔は「メス」だった頼子。

すり寄ってきた頼子が衝撃の告白です。「あのね、実は私は昔、メスだったの」。実はコブダイは雌性先熟といい、最初は全員メスで生まれます。しかし、ある時、オスの縄張り争いが起き、他のオスがハーレムの中に入ってきたのです。これにより、頼子の元夫である頼朝は失踪してしまいました。果敢にもオスを追い出す頼子。

それ以来、オスとして奮闘!体型も変化してきて。。

それ以来、オスとして奮闘し、体もマッチョになってきた頼子。ほんとうにおでこにコブが出てきたから驚きです。これは選ばれしハーレムの中の1匹だけのようで、もともとのメス体型は普通のタイのよう。体長が50センチを超えたあたりから、だんだんコブが張り出してきて、体型も変わるそうです。恐るべし!

魚界では「性転換」はフツーのことみたいです。

自ら性転換までして、ハーレムを守るとは!恐るべき&すばらしいコブダイの生態をご紹介しました。次回、水族館ではコブダイの見方が変わりますね!

この記事を書いたユーザー

zuenmei このユーザーの他の記事を見る

公式ライター。食べること、踊ること、アジア大好きです。わかりやすい記事を目指します!よろしくお願い致します。instagram: https://www.instagram.com/zuenmei/

得意ジャンル
  • インテリア
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス