出典 http://ameblo.jp

記事提供:空間心理カウンセラー 伊藤勇司オフィシャルブログ

こんばんは。

片づけ心理の専門家・伊藤勇司です。

「中々片づけに取り組めない…」

そう思っている人達は往々にして「頭で理解してから行動する」という考え方で行動します。

自分が納得できたら行動して、自分の納得がいかなければ行動しない。

そんな考え方が定着してしまうとあらゆる行動が億劫になって行動に移せなくなるものです。

今の現状をすぐにでも変えたければ「考えて行動するから、行動して考える」という形に、考え方を切り替えることが大切です。

そして、頭で考えて答えを出すことに意識を向けるのではなく、「考えて答え探しをしても、行動は進んでいない」という、

いつか見えてくるかもしれない漠然とした答えよりも【現実的に事実として結果が出ている答え】こそを、しっかりと見ていくことが大切。

その上で、今、こういう状況だからこそ、できない。と、考えるのではなく、今、こういう状況でも、何かできることはないか?と、考えていくことが【未来を切り開く】ことに繋がっていきます。

人間は止まっていると過去の記憶に占領されていきます。

逆に動いている時は過去の記憶の枠組みの外にある自分を実感することができるので、自分はどんどん活き活きしていくのです。

行動ができないという呪縛を解きはなつのは【行動する】というシンプルな行為を繰り返すしかありません。

行動するのに、理由はいらない。そして、下手な理由をつけて行う行動ほど、たいした成果には繋がらないもの。

やりたいから、やる。

そして、やるから、もっとやりたくなる。

すると、「何が何でもやる!」という行動に言い訳しないシンプルな状態に辿り着きます。

そのための一歩として、ひとまず、今すぐに始めてみましょう。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス