記事提供:AbemaTIMES

お笑いタレント・明石家さんま(60)が、米動画配信サービス「Netflix」にて、弟子のお笑いタレントで画家、ジミー大西(52)の半生を描くコメディードラマを企画・プロデュースするという。スポーツニッポンなどが報じた。

ドラマは来春、日本を含め世界約200カ国・地域に配信されるとのことで、所属の吉本興業制作で「Netflix」配信のドラマは、6月3日スタートの「火花」に続く第2弾。

ジミー大西が大阪・大商大堺高校を卒業後、悩みながらもさんまの運転手などを経て成長する姿が1話40~50分、全8話で描かれるという。記事では、複数の関係者の話として、タイトルが「JIMMY」になるとしている。

ジミー大西といえば、超がつくほどの「天然ボケ」ぶりで有名。24日放送の『芸能㊙チャンネル』(AbemaTV)では、ジミーの天然伝説を紹介。

「料金所で車の窓を開け忘れて手を骨折」

「点滴を飲み看護師に怒られる」


「明石家さんまに遅刻の理由を問われ『向かい風だった』と返事」


などというエピソードが紹介された。

番組メインパネラーの長谷川まさ子氏は、「点滴を飲んだときは、看護師さんからさんまさんが怒られたそうです」という裏話や、遅刻の理由については、さんまから「オレを笑わしたら許す」と言われ、とっさに出たものだったというエピソードを明かした。

なお、キャストはこれから決めるようだがTwitterでも早速話題に。

「さんま師匠 ジミーさんの映画作るときは主役にキムタクだって本人にも話してたけどドラマならあり得そうと思ってきた」

「ぎゃああああああ!配信でさんまさんがジミーちゃんの破天荒な半生ドラマをプロデュースするらしいです(泣)

えっ、これは、あの約束が果たされる時!?さんまさんが初めて監督をした作品の主演は拓哉でしたよね ジミーを木村でやって欲しいねん!って言ってましたよね」など、

主役のジミー大西役は、さんまとも親交の深い木村拓哉(43)ではないかと見る声が多数投稿されている。

(C)AbemaTV

『芸能㊙チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00~18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

無料 ニュースも音楽もアニメも24時間放送中! AbemaTV

この記事を書いたユーザー

AbemaTIMES このユーザーの他の記事を見る

AbemaTIMESは「見たい!」がみつかる情報ニュースサイトです。無料でみれるインターネットTV局『AbemaTV』の番組を中心に、ニュース映像や面白動画の紹介、著名人コラムやインタビューなど、選りすぐりの情報をお届けします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス