出典 https://www.newscientist.com

記事提供:Techinsight

ミュージシャンであれば、絶壁の崖の上、満天の星空の下、あるいは山の頂上で自分の音楽を思う存分奏でてみたいなどと発想することもあるのだろう。

だが水を張った巨大な水槽の中で、とはあまりにも奇想天外なアイデアではないだろうか。デンマークで世界初の“水中”ミュージック・グループがお披露目されるという。

各々が水槽の中で黙々と楽器演奏や歌に励み、ひとつの曲を創り上げる。そんなあまりにも斬新なパフォーマンスを見せるのは、デンマークで結成された5人組のミュージック・グループ「Between Music」。

オランダ・ロッテルダムで5月27日、世界初の水中音楽コンサート“Aquasonic”を開催するとして、大変な注目を集めていることを『newscientist.com』ほかが伝えた。

メンバーはリードボーカルと作曲を担当するLaila SkovmandさんほかRobert Karlssonさん、Morten Poulsenさん、Dea Maria Kjeldsenさん、Nanna Bechさんの計5名。

キッチンで水を張ったボウルの中でも歌う方法があるのではないかと考えたLailaさんの元に、同じ目標を持つ仲間が集まってバンドは結成された。

しばらくは暗中模索が続いたが、Lailaさんはある時、口腔内に生じる大きな泡を吐き出す際に発声する方法に気づいたという。

続いて各メンバーが水の中でも美しい音色を放つ楽器を特注でこしらえてもらい、Lailaさんに倣って特殊な歌唱方法を身につけ、今年でなんと活動歴は10年以上にもなるそうだ。

こちらは15日、YouTubeに“Between Music:AquaSonic–trailer”というタイトルで投稿されたプロモーションビデオである。1分ごとに1度は水の上に顔を出して呼吸し、新たな泡をこしらえるLailaさん。

息を吸っては吐く、その行為にも絶妙の技術が必要だという。トーンを下げると鼻声のように聞こえてしまうため、高音かつ短めのトーンを出すことに専念しているそうだ。

出典 YouTube

出典:newscientist

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス