記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
「つらい四十肩!」などとよく耳にしますが、「五十肩、六十肩とは何が違うの?」と聞かれて説明できる方は少ないのではないでしょうか?

今回はこれらの症状と改善方法について、医師に解説していただきました!

六十肩が若年齢化して四十肩になった!?

これらの違いですが、実は呼び方は違えど全て同じ症状を示す病態であり、正式には『肩関節周囲炎』という疾患で、肩関節の運動に関係する筋肉や腱などの炎症性の疾患のことです。

昔は六十肩という呼ばれ方をしていましたが、徐々にその発症が若年化していくことで、呼ばれ方の年齢部分だけが変化したという経緯なのです。

症状としては、以前より肩こりがひどくなったり、腕の肩周りが痛くなったり、場合によっては肩が上へ全く上がらないなどといった上肢の運動が制限されてしまうことです。

テニスや野球などのスポーツをしていた人は治りにくい?

発症には特に男女差はなく、読んで字のごとく40歳代以降の誰にでも発症しえるのですが、炎症性疾患ですので、過去にテニスや野球などで肩を酷使していた場合には、発症後治癒しにくいといわれています。

また、普段動いていない人が突然激しい運動をして、使用していない筋肉や腱に対して突然負荷をかけると、それによる炎症が発生しやすく四十肩になりやすいとされています。

予防法&改善法は?

突然の運動にならないように、普段から肩を使ったストレッチや体操をしておくことが最大の予防となります。また、痛みが出てしまった場合には、その痛みをとらないことにはおそらく生活に支障が出てしまいますので、急性期には鎮痛剤で痛みをとってあげることが先決です。

その後の改善方法としては、実はあまり安静にしてしまうと関節が固まってしまい、可動域に制限が出てしまうこともあるので、できる限りの範囲で動かしてあげましょう。

≪その不調…肩こりではなく首からきているかも…!?≫
最近不調を感じる方は【ストレートネック】診断

【医師からのアドバイス】

お風呂で多少温めてあげると痛みが和らぐことを自覚できると思いますが、痛みは炎症が起きていることによるので、温め続けることで炎症は改善しないどころか長期化することもありえるため、お風呂で直接温めるのは5分以上は避けるようにしましょう。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス