記事提供:AbemaTIMES

タレントの木下優樹菜(28)が20日、乳児用紙おむつ「新パンパースの肌へのいちばん」シリーズ発売好調記念イベントに出席した。

木下は、夫でフジモンことお笑いコンビ・FUJIWARAの藤本敏文(45)との間に、長女の莉々菜(りりな)ちゃん(3)に続き、2015年11月に第2子となる茉叶菜(まかな)ちゃんを出産。

『芸能㊙チャンネル』(AbemaTV)では、芸能リポーターのあべかすみ氏が、木下について「表情がより優しくなった。ママの顔というか、お母さんの顔」と評した。

木下は第二子出産後も1か月で8キロ減と、出産前と変わらないスタイルの良さをキープしており、おしゃれなファッションにも定評がある。

そんな自身のほか、娘たちやフジモンのイクメンっぷりを紹介しているInstagramにはファンも多く、現在フォロワー数は300万超。渡辺直美、水原希子に続き3位にランクインしている。

イベントでは、菊池真由子リポーターが木下にあれこれ質問。Instagramには、フジモンを「ぶす」と称して度々写真をあげているが、「今こうあるのはフジモンと結婚したおかげ」と感謝を忘れない。

結婚会見のときには「口がドブ臭い。(だけど)ドブ臭いのも好き」などと言っていたが、子供ができてからは、

あべ氏いわく「タバコを(においの少ない)電子タバコに変えるなど努力し、口の臭さも減少。今はね、キスの回数が増えたらしいですよ」とのこと。

なお、「チョリース」は「3歳の娘(莉々菜ちゃん)に伝授しました」と笑っていたとのことで、今や莉々菜ちゃんは「ユッキーナのコピーみたいになっている」。ちなみに不倫されたら?という質問には「フルボッコですよ」とバッサリ。

あべ氏は、「(家族が)仲良くていいですよね。これからもママとして、タレント活動もどんどんやっていけるのかなと。自然体が人気の秘密かなって。

(ママタレントとしての)お仕事も順調じゃないですか。一人目産んで休んで出てきて、二人目も産んで出てきてっていう。ユッキーナが輝いていると、フジモンさんもお仕事をがんばるし…という」と、

自然体夫婦の“良い循環”こそが、人気が衰えず、仕事にも困らない秘訣だと分析した。

無料 ニュースも音楽もアニメも24時間放送中! AbemaTV

この記事を書いたユーザー

AbemaTIMES このユーザーの他の記事を見る

AbemaTIMESは「見たい!」がみつかる情報ニュースサイトです。無料でみれるインターネットTV局『AbemaTV』の番組を中心に、ニュース映像や面白動画の紹介、著名人コラムやインタビューなど、選りすぐりの情報をお届けします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス