出典 http://www.carsensor.net

▲まるで我が家、な絵ヅラですが、ここはレッキとした日貸駐車場なのです

手間いらずでリーズナブル、斬新な発想の進化形パーキング

駐車場を予約できるサービスが世の中にあると知ったのは昨年の夏、花火大会に出掛けるときのこと。現地の駐車場がどこも満車だったら……と心配になり、事前予約できる駐車場はないものか、ネットで探すことにしました。

そこで見つけたのです。この「軒先パーキング」というウェブサイトを。サイトを覗いて驚いたのは、いわゆるコインパーキングだけでなく、家の敷地内にある駐車場や月極駐車場の一角らしき所も駐車場として登録されていること。人様宅の駐車場を使えるなんて、ちょっぴりカルチャーショックでした! 花火大会は直前で行けなくなってしまったのですが、今回初めて利用するチャンスが訪れました。その模様をレポートします!

出典 http://www.carsensor.net

▲軒先パーキングのウェブサイト。検索、予約などの操作がシンプルで使いやすい良サイトです

【関連リンク】
軒先パーキング

普通とはちょっと違った駐車場も!?

「軒先パーキング」を使うには、まず利用者登録が必要。住所や生年月日などで、入力時間は5分程度でした。続いて希望の駐車場を検索。目的地や地名などを入力して探せる他、人気の観光スポットに近い場所といった探し方もできます。今回の目的地は東京都内にある某スタジアム。施設内にも駐車場はありますが、ここはイベント開催時には使えなくなっちゃうことで有名! だから、こんなサイトの存在がホントありがたいのです。約20件ほどの近隣駐車場がヒットしました。

出典 http://www.carsensor.net

▲駐車場は番地と地図、区画の大きさや現地の写真などの情報が表示されます。これも分かりやすいんだよなあ。サイトの使い勝手はとても良好

予約が確定すると、サイト内でチケットが発行されます。そのページを印刷、もしくはスマホに保存したら、いよいよ現地へ。いまどきは番地さえ分かればカーナビでほぼ確実にたどり着けますから便利ですね。サイトには駐車区画の写真も出ているので、場所の特定に役立ちます。

出典 http://www.carsensor.net

▲こちらが予約確定後に発行されるチケット。現地管理者などに提示を求められた場合にのみ必要になります

出典 http://www.carsensor.net

▲住宅街の中を走って、目的の駐車場に向かっています。今回予約したのは個人宅の駐車場でしたが、カーナビアプリNAVITIMEで番地検索すると“予約制駐車場”として表示されました。これはオドロキ!

ここで一つ注意してもらいたいポイントがあります。それは駐車場のコンディション。今回、私が利用した所は広めの区画で止めやすかったのですが、場所によっては狭かったり、輪留めがなかったりして、止めるのに苦労することがあるかもしれません。営業目的で作られた駐車場だけではないので当然なのですが、そのへんを頭に入れておいた方がいいでしょう。

さて、所定の場所に車を止めて、ミッションコンプリート。これで丸一日車を止められちゃいます。礼儀正しいワタシとしては家主さんに挨拶の一つもしておきたいところですが、そのまま車を離れちゃってOK……てか、その方が迷惑が掛かりません。

出典 http://www.carsensor.net

▲無事、目的地が見つかりました! 事前に現地の様子を写真で確認できるのが便利です

出典 http://www.carsensor.net

▲一軒家の駐車場なので、輪留めはありません。高さ制限なども事前に確認できるので、四駆でも安心

これが広まったら車移動がもっと便利に

もう、早く教えてよ、こんな便利なサイトがあるのなら……というのが、今回利用してみた印象でした。駐車場を探す無駄な時間を省けて、予約もカンタン。何と言っても、駐車場が確保されている安心感は絶大です。今回、家主さんからのご厚意で「軒先パーキング」に登録した経緯をお聞きすることができました。

「家を建てるときに駐車場を作りましたが、現在は誰も車を所有しておらず、長いこと空きスペースになっていました。ずっと放置していたところ、お隣さんが『軒先パーキング』を教えてくれたんです。初期投資がいらず、管理の手間も掛からないというので、登録してみることに。収益を期待していたわけではありませんが、近くのスタジアムでイベントがあるときなどには意外に多く予約が入っています。駐車場が常に空いていると防犯上良くないので、使っていただくだけで我が家にとってはありがたいんですよ」とのことでした。

「軒先パーキング」は現在、全国に約2500台分のスペースが登録されているそうです。でも、大都会や人気の観光スポット以外の場所では、まだまだ少ない印象。これは今後、世の中に存在が広く知られていけばクリアになるでしょう。

車所有者の皆さんはぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい カーライフ便利小ネタ

この記事を書いたユーザー

日刊カーセンサー このユーザーの他の記事を見る

日刊カーセンサーは、中古車だけでなく新型車やドライブ、カーグッズ、レース&イベントなど幅広いジャンルの情報・ニュースをお届けするエンタメ系自動車サイトです。面白くて役に立つネタを全力で配信しています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス