記事提供:conobie

天気が良くて日光がまぶしく感じられる時期に、車で赤ちゃんをつれてお出かけしたいということ、ありますよね。

でも、車内だからといっても油断は禁物。赤ちゃんはデリケートなので、実は車内であっても日よけ対策がとても大切なんです!

今回は、車内で日よけ対策が必要な理由と、サンシェード付きチャイルドシートと車の中で使える日よけ対策グッズ6選をご紹介します!

目次

・チャイルドシートに日よけは必要?
・日差し対策をした方が良い理由
・日よけ対策①サンシェード付きのチャイルドシートを利用
・おすすめのサンシェード付きのチャイルドシート3選
・日よけ対策②車の窓にフィルム・カーテンをつける
・おすすめの車の窓用フィルム・カーテン3選
・まとめ

チャイルドシートに日よけは必要?

チャイルドシートは赤ちゃんが車に乗る際に必ず必要なものです。

チャイルドシートを選ぶ際には、大切な命を守るためにしっかりとした安全性や、赤ちゃんが不快に感じないような乗り心地を調べますよね。

しかし、その際に意外に見落とされがちなのがサンシェード(日よけ)です

サンシェードが付いていないチャイルドシートもたくさんあり、必要なのか疑問に思うこともあるかと思います。

しかし大人が思っている以上に赤ちゃんは太陽の光やそれにともなう暑さに影響を受けてしまいます

普段抱っこやベビーカーでお出かけをするときに帽子をかぶせたりベビーカーの日よけカバーで対策をするのと同じように、車に乗る時にも日よけ対策をすることが重要です。

日差し対策をした方が良い理由

ここではなぜチャイルドシートに乗っている赤ちゃんの日よけが必要なのかを説明します。

■日差しを避けられない

チャイルドシートは赤ちゃんを守るためにしっかりと固定されて乗るものです。

姿勢を安定させるため赤ちゃんはあまり大きくは身動きが取れません


そのため太陽の光が直接当たっても避けることが難しく、まぶしくても暑くてもそのまま座ることしかできません。

■汗をかく

赤ちゃんはまだ体温調節が苦手なため日が当たると大人が感じている以上に暑がっていることもあります。

多くの汗をかいてあせもができたり、汗をかきすぎて脱水症状になってしまうこともあります。また汗をかいたことに気づかずそのままにしておくと体が冷えてしまい風邪をひく恐れもあります。

■日に焼ける

赤ちゃんの肌はとてもデリケートで皮膚も薄いので日に照らされて肌が焼けると真っ赤になってしまったり、ひどい場合は水ぶくれになる恐れもあります。また顔にも日が当たると日焼けでなく、分からずに太陽の光を直接見る危険もあります。

これらの問題をできる限り防ぐため、サンシェード付きのチャイルドシートを選ぶことをおすすめします。

日よけ対策①サンシェード付きのチャイルドシートを利用

サンシェード付きのチャイルドシートは日よけ対策にとても役立ちます。普段利用するベビーカーにも日よけのカバーがあるように、日が当たっているときにサッと赤ちゃんを覆うことができるので便利です。

また日差しが強い時期、車を使っていないときにサンシェードを被せておくと、赤ちゃんを乗せる際にチャイルドシートの座席が高温になるのを防ぐことができます。

サンシェードの種類によっては、UVカット加工がなされているものもありますので日焼け対策も同時にできるのでおすすめです。

日の光を防いでくれると汗もかきにくくなりますが、通気性が良くないと熱がこもり汗をかく場合もあるので、検討の際にはサンシェードの通気性も確認しましょう。

おすすめのサンシェード付きのチャイルドシート3選

■カーメイト エールベベ クルットNT2プレミアム

赤ちゃんの座席部分がドア側にクルッと回転。360度回転するので無理な体勢をとることなく乗せ降ろしができます。サンシェード部分は丸型フレームでドーム型になります。

3段階調節機能が付いているので、サンシェードの中はその場に応じて調節し、うっすら暗い安眠空間を作り出すことができます。

またチャイルドシートは、赤ちゃんがおやつなどを食べこぼしたり汚れた手で色んなところを触ったりするので意外に汚れています。

このチャイルドシートはラクラクウォッシャブルカバーといって、肩ベルトを外すことなく本体カバーを取り外し洗うことができるので清潔に保てます。

価格:39,580円
対象年齢:0ヶ月~48ヶ月

Amazonレビュー

レビュー対象商品:カーメイト エールベベ クルットNT2プレミアム 新生児から4歳用チャイルドシート(サンシェード付360度回転型)チャコール (Baby Product)

コンパクトカーの後部座席用に子供が生まれる前から店頭で色々なチャイルドシートを見て悩みましたが、

・生後1か月~3年は使いたい
・回転機能は絶対に必要
・サンシェードはできればほしい
・過度なプレミアム感は不要
・カラーはブラック系
・4万円前後

という基準でこの商品を選びました。結果、かなり満足しています。

生後1か月の子供はスヤスヤと眠ってくれますし、冬の西日が差し込んだためサンシェードは初めて乗せた時から活躍しています。

この商品の売りでもある片手で簡単に回転できる点は便利です。

購入時に14%のAmazonポイントがついたので実質3.5万円以下。

商品の質や機能を考えてもいいチャイルドシートだと思います。

出典 http://www.amazon.co.jp

■コンビ Combi チャイルドシート マルゴット エッグショック

新生児から7歳ごろまで使えるので大きくなっても買いなおす必要がなく経済的なチャイルドシートです。赤ちゃんを日差しからしっかり守るサンシェード付きで、体重が18㎏になるくらいまで使用できます。

頭を支える「ぱぱぴたヘッドレスト」といって、成長にあわせて13段階調節できるヘッドレストを搭載しているので正しい姿勢を保つことができます。また、通気性の高いメッシュシートを採用しているので、熱がこもるのを防ぎ快適です。

価格:36,326円
対象年齢:0ヶ月~7歳ごろまで(体重25kg以下)

Amazonレビュー

レビュー対象商品:コンビ Combi チャイルドシート マルゴット エッグショック BE リードグレー (新生児~7歳頃対象)成長に合わせて長く使える (Baby Product)

日差し避けがついていること、背もたれの高さの調節が楽であることが大変ありがたいです。

エッグショックなので、赤ちゃんへの振動などをやわらげてくれるのでありがたい。

出典 http://www.amazon.co.jp

■ネルーム エッグショック NF‐600

コンパクトサイズのチャイルドシートで、軽自動車やコンパクトカーに取り付けても圧迫感を感じにくくなっています。

シートの大きさや角度は調節できるため、赤ちゃんは快適にドライブを楽しめます。万が一の衝撃を背中で受け分散するように可能な限りシートを寝かせた形状で設計されています。

前向き・後向きともに3段階リクライニングが可能です。開閉式のUVカットサンシェードで「まゆ」のようにすっぽりと赤ちゃんを包み込み、窓から差し込む太陽の光や紫外線から守ります。サンシェードはUVカット率99%生地です。

価格:59,400円
対象年齢:0ヶ月~4歳ごろまで(体重18kg以下)

Amazonレビュー

レビュー対象商品:ネルーム エッグショック NF‐600 ソリッドブラウン 【対象年齢】新生児~4才頃まで (Baby Product)

思ってたよりもコンパクトでした。

軽自動車など小型車には良いかと思います。

出典 http://www.amazon.co.jp

日よけ対策②車の窓にフィルム・カーテンをつける

サンシェード付きのチャイルドシートをご紹介しましたが、もうすでに通常のチャイルドシートを購入した方にもできる日よけ対策をご紹介します。

おすすめなのは複雑な取り付けなどが必要ない、車の窓にフィルムやカーテンをつけるという方法です。

よく眠る月齢の時期は周りが暗くなるサンシェード付きのチャイルドシートがおすすめですが、起きる時間が長くなると外の景色を見たがったり、パパやママが見えないと不安になる場合もあります。

そんなときには窓に直接つけるフィルムやカーテンを利用するとより開放的になるので、状況に応じて日よけ対策を変えてみるのもおすすめです。

フィルムやカーテンを購入の際には、きちんと紫外線をカットできるものか、運転するとき(特にバックをするときなど)に視界を遮らないかなど確認をしましょう。

おすすめの車の窓用フィルム・カーテン3選

■アールエル 車用カーテン 簡単取り付けカーテン CT401

窓に吸盤で取り付けることができるため、誰でも簡単に取り付けることができます。専用のフックを用いた取り付け方法もあるため、スライド式ドアでも使うことができます

また、窓のサイズに合わせてひもで調整できます。太陽の光だけでなく外からの視界を遮るため、車内で授乳する場合も周りの目を気にしなくていいので安心です。

ただし、カーテンを束ねるゴムなどは付属されていないため、別途用意が必要です。

価格:1,593円

Amazonレビュー

レビュー対象商品:アールエル 車用カーテン 簡単取り付けカーテン CT401

ステップワゴンの間仕切り用に購入しました。取り付け簡単で、この価格で、超お買い得でした。

何の知識もない私にでも、簡単に取り付けることができ、またカーテン同士にマジックテープが数か所付いていて、完全に隙間を防げるのでほんと重宝しています。

出典 http://www.amazon.co.jp

■outlook アウトルック 換気ができる車用サンシェード

換気のために窓を自由に開閉でき、防虫もできる車のドア専用サンシェードです。取り付けは後部座席に伸縮性のあるカバーをかぶせて長さを調節するという簡単なものです。ドアの外側は上3分の1しかカバーしないため、視界を遮ることがありません。

大きさの確認は必要ですが、スライド式ドア以外のほぼ全ての4ドア自動車の後部ドアに取り付けることができます。後部ドアの上辺横幅が90cm以下なら適応です。

紫外線90%カットで、ぴったりと取り付けることができるため、風が吹いてもまくれ上がったり飛ばされたりしません。「オート・シェード」の生地は紫外線対策の先進国のオーストラリアで、日除け生地の国家規格に合格しています。

価格:2,631円

Amazonレビュー

レビュー対象商品:outlook アウトルック 換気ができる車用サンシェード auto shade オート シェード Rectangular 直角ドア用 2枚入 (Baby Product)

子どもが3人いますが今までいろいろなタイプのサンシェードを試しましたが、これが一番良かったです。

吸バンタイプのは窓が開けられないので、開けるときに取り外しているうちに取れやすくなり運転中に落下することが多々ありました。

クリップタイプの向きがかえられるものは、進行方向によって光が差す方向に向きを変えるのが大変で、あまり役に立たず…。

トヨタのbBにつけたところ、サンシェードの方が小さく感じ焦りました。が、ひっぱりながらなんとか取り付けられたのでほっとしました。

bBのドアは長め?のようです。サイズを確認しての購入がおススメです。

取り付け、取り外しは簡単でした。下はクリップでドア下にひっかけます。ドアを閉めるとき、クリップが割れないか??と心配しましたが、そんなことはなく、車のドアと車体にわずかな隙間があることが不思議でした。

雨の中走っても中まで濡れてこなかったので、しばらく付けたまま雨の日も数日おいていたら、さすがに中まで濡れてしまっていました。

走行中の多少の雨なら、急いで取り外さなくても平気っぽいです。

一番気に入っているのはoutlookというメーカー?のロゴです。ドアにかぶせるのでダサい感じになったら嫌でしたが、逆でおしゃれになりました。これから夏に向けては必須になるので、取り付けてよかったです!

出典 http://www.amazon.co.jp

■ミラリード(MIRAREED)ウインドウフィルム 貼って剥がせる 簡単日よけビッグ

太陽の光を防いで紫外線を90%以上カットしてくれるため、日焼け対策として効果があります。接着剤やテープ類は不要で、タオルなどで押さえながらゆっくり貼るだけなので誰でも簡単に貼りつけることができます。

日差しによって貼ったりはがしたりを繰り返しできるので便利です。

38cm×60cmの大きさで窓全面を覆ってしまうことなく、外の景色もいつも通りに楽しめます。特殊接着剤を使っているのでガラスにノリ残りせずきれいにはがすことができるので安心です。

価格:821円

Amazonレビュー

レビュー対象商品:ミラリード(MIRAREED)ウインドウフィルム 貼って剥がせる 簡単日よけビッグ ダークスモーク SZ‐44 (Automotive)

ベビーシート傍の窓(NOAHのスライドドア窓)に貼りつけました。厚みがありシワ・折れなどの心配無用なので、日よけフィルムのように神経を使わず貼れます。

貼り直しが可能との説明でしたが、キレイに貼りたかったのでフィルム貼り用のスプレー(水か希釈した中性洗剤でも可のはず)を使用したところ、気泡なく貼れました。スプレーを使わないと気泡抜きは手を焼くと思います。

日除け効果は抜群です。当然ながら貼った部分は外が見えにくくなりますが、納得の上で購入し、効果覿面なので十分満足です。

強いて言えば、窓とぴったりマッチしている訳ではないので隙間から日は漏れます。貼る位置(日除けしたい位置)を考慮すれば問題無いかと思いますが、

フィルム貼りに自信があれば、汎用の日除けフィルムの紫外線透過率の低いものを選んでも良いかもしれません。

出典 http://www.amazon.co.jp

まとめ

特に日差しの強い日でなくても、車に乗るときの赤ちゃんは大人が思っている以上に日差しの影響を受ける場合があります。

今回ご紹介してきたように、サンシェード付きチャイルドシートやフィルムやカーテンは、太陽の日差しによる赤ちゃんの負担を軽減するうえで大きな効果を発揮します。

快適に心地よく赤ちゃんとのお出かけやドライブを楽しむために、パパやママは日よけ対策をしっかりと行ってあげましょう。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス