記事提供:カラパイア

左腕と左足を失うほどの大事故を経験した当時22歳のバイオ関連の研究者でありゲームが大好きだったジェームズ・ヤングさんは、ゲーム会社、コナミが開発した義手で、ある意味サイボーグ化を果たしたという。

この義手はスマホ充電機、ライト、さらにはドローンまで内蔵した多機能アームなのだ。

出典 YouTube

4年前、ジェームズ・ヤングさんの人生は電車の下敷きになるという悲惨な事故によって一変した。肺が潰れ、頭蓋骨や顔、肋骨を骨折し、脊椎も損傷した。さらに左足は膝から下が切断され、左腕もひどい損傷を負った。

当時、22歳のバイオ関連の研究者だったヤングさんは友達とイギリス、ロンドン東部を走るドックランズ・ライト・レイルウェイに乗ろうとしていた。そして駅に到着した電車のドアを開けようと、まだ完全に止まっていない電車のドアボタンに手を伸ばした。

このせいでバランスを崩して、車両と車両の隙間に落ちてしまった。一緒にいた友人が振り返ると、ヤングさんは消えていた。

彼は後から監視カメラの映像で事故の詳細を知ったという。電車が止まった後、友人は助けを呼んで、2人の男性と一緒にヤングさんを探し始めた。

ひどい怪我を負ったヤングさんを発見した見ず知らずの男性が電車の下にもぐり、意識を失わないように話しかけてくれた。

救急ヘリで王立ロンドン病院に搬送され、3人の家族も駆けつけた。脳を守るためにヤングさんは12日間昏睡状態にされている。緊急手術では線路のホコリやオイルまみれの死んだ組織の切除が試みられたが、結局は左腕を切断せざるをえなくなった。

さらに顔と体を再建するために、12回もの手術が必要になった。

3ヶ月半の入院生活を経てようやく退院した彼の左腕と左足には義手と義足があった。それはヤングさんに言わせれば、醜いピンク色をした目立つ代物だったという。

さらに重要だったのは、義手は手の代わりにフックが装着されたもので、機能的にも不便だったということだ。片腕と片足がないよりはマシだったが、その不便さのせいで新たな問題に直面することになった。

障害のおかげで幻肢痛に悩まされ、強い痛み止めの副作用で常に疲労感が付きまとうようになる。このためフルタイムで仕事に復帰することは難しそうだった。まさにお先真っ暗だった。

そんなヤングさんの人生に再び転機が訪れたのは1年前のことだ。

テレビゲーム、特にメタルギアソリッドが大好きだったヤングさんは、ゲーム会社のコナミが実験的な義手をテストするために四肢を失った患者を募集していることを知り、それに応募したのだ。

こうして彼はバイオニックアームを装着する半サイボーグとなった。

これは肩の部分で神経と筋肉に接続されるロボット工学の結晶で、装着者の個性を反映したユニークな外観が与えられている。また肩の筋肉で本物の腕のように操作することもできる。

肩の皮膚に取り付けられたセンサーによって筋肉の信号を検出し、これがバッテリー駆動式の腕や手の部分を動作させるという仕組みだ。その精度はコインなどの小さなものでも拾い上げるほどである。

設計したのはオルタナティブ・リム・プロジェクトの発起人であり、装具アーティストであるソフィー・デ・オリベイラ・バラタさんだ。また制作にはオープン・バイオニクス社が協力しており、3Dプリンタが使用されている。

装着したヤングさんは、「道具ではなく、手が与えられたようでした。柔らかく、それでいてしっかりとしており、腕を振るのが楽しくなります!」と感想を漏らしている。

バイオニックアームには、レーザーライト(実用性よりも装飾的なもの)、懐中電灯、スマホ充電用のUSBポート(手首部)、時計、さらにはドローン(肩の外側パネルに装備)まで搭載されている。

こうした仕様は『メタルギアソリッド』の主人公スネークをモチーフにしたものだ。医師に薬剤について説明するという仕事柄、ターミネーターのようなものは勘弁だったと話すヤングさんにとって、見た目は非常に重要なのである。

こうした優れた機能にもかかわらず、バイオニックアームをずっと装着していることはできない。

お風呂や寝るときもそうであるが、何よりバッテリーとハーネスとジェルを含めると4.7kgあるため、時折体を休めなければならないのだ。またプロトタイプゆえに定期的なメンテナンスを欠かすこともできない。

実はバイオニックアームの性能はまだ完全に発揮されていない。現在の装着方法が簡易的なものでしかないからだ。

そのためヤングさんはサイボーグ化に耐える補強として、足と肩にチタン移植手術を受けることを計画している。移植手術は骨に穴を開けて、そこに金属製のロッドを挿入し、骨細胞と一体化させるというものだ。

バイオニックボディはチタンインプラントのスロットに装着されて初めて物を持ち上げたり、振ったりという本物同然の動作が可能になるのだという。

まだ現時点では痛みがあるためバイオニックレッグを長時間装着することができず、車椅子生活を送るヤングさんだが、インプラントが済めばこの問題もクリアされるはずだ。そのためにヤングさんは手術費用の資金提供を募っている。

しかし、この手術はイギリスにおいては手足を失った軍人への施術に限り来年許可が下りる予定で、一般人が対象となる予定は今のところない。

オープン・バイオニクス社はバイオニックアームを一般の人も利用できるようイギリス国民保険サービスに働きかけている。争点となるのは、これが患者の生涯にわたる処置にかかるコストを軽減するか否かということだ。

バイオニックアームを装着する身長195cmのヤングさんの姿は印象的だ。しかし堅実で明るい彼をひときわ際立たせているのは、自分に対する哀れみなど一抹も感じさせないことだ。

「自分の態度について他人に褒められると、返答に屈します。いいも何も、ただやっているだけなんです。大変なことがあれば、それはまだ上手くやる方法が分かっていないだけなんですよ」とヤングさん。

バイオニックアームのおかげで彼の閉じかけた扉が再び開き始めた。「人生で一番大きな問題は?」と聞かれて、「何も。昔みたいに走ってストレス解消できないこと以外はね」と答えている。

出典:dailymail

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス