「これ、いつまで続ければいいの?」

出産直後は、どうしても掃除機がけや洗濯物干しなどの一部の家事を手伝ってもらう必要があります。

赤ちゃんのミルクの準備やおむつ替えをお願いする場面も出てきます。

お父さんはいつまでこの「お手伝い」を続けたらいいのかとうんざりしてしまうことがあります。


赤ちゃんが家に来て、急激に生活の流れが変わります

「お手伝い」ではなく「それも子育てのうち」なんですよね。

特に一人目の時は、赤ちゃんが産まれて状況が変わったことを、お父さんがすぐに理解するのは難しいようです。

お母さんは10ヶ月間も赤ちゃんと一緒なので、自ずと心の準備もできますが、お父さんの場合はそうもいきません。


気持ちはわかりますが、絶対に言ってはいけない一言ですよ。

「それ今じゃなきゃダメ? 後でやっとく。」

頼んだからには、「今」やり始めてほしいんです。

奥さんはあなたの行動を見ながら、タイミングを見計らって頼みごとをしています。

「この時間帯は音を立てて赤ちゃんを起こしたくない」、「これが終わったら私もちょっと仮眠をとりたい」など、「今」やってほしい事情がちゃんとあるのです。

赤ちゃんが生まれた直後は、奥さんの寝る時間は本当に確保するのが大変です。

赤ちゃんに良質なおっぱいをあげるには「睡眠をとること」が本当に大切です。

子育てだと思って、頼まれたことはなるべくやってあげるようにしてくださいね。

「出産内祝い、俺が仕事行ってる間に選んでおいて。」

一緒に考えてください!

奥さんは1日家にいるからといって、自分の時間がそんなにあるわけではありません。

特に親戚に贈るものは、後で何かとトラブルがあるのがつきものです。
なので、そんな時に奥さんだけの責任になってしまうのは悲しいですよね。

出産前に一緒に選んでおくのも回避策ですね。

「俺だって、仕事で疲れてる。」

奥さんは赤ちゃんとの生活リズムを整えるのでいっぱいいっぱいなんです。

トータルの睡眠時間が足りていても、2時間おきに起こされるストレスは体験してみないとわかりません。

生活リズムが出来上がっていく産後1ヶ月を過ぎるくらいまでは、頑張って助けてあげてくださいね。

奥さんもたのもしいあなたの姿に惚れ直してくれるはずです!

「なんでそんなにイライラしてるの?」

産後は睡眠阻害のストレスで、確実に奥さんの気持ちに余裕がなくなります。

ホルモンバランスも崩れがちで、奥さんも感情が高ぶりやすい状態にあります。


イライラしてしまうのは生理的に自然な状態なのです。

イライラしている様子が見受けられなかったら、相当我慢強い奥さんです。

倒れないように、あなたがしっかり注意してみてあげてくださいね。

「1日家にいるんだから、それくらいできないの?」

例えば、産後7日目のお母さんは1日に12回授乳することもあります。
単純計算で2時間に1回です。

しかも、赤ちゃんは夜行性だったりします。

昼、あなたが見ているところではすやすや寝ていても、夜あなたが寝ている間に奥さんが大変な思いをしていることも多々あります。

奥さんはそんな、赤ちゃんの未完成な生活リズムについていくだけで必死なんです。
1日家にいるからって、ゆったり過ごしているわけではないんですね。

「たかがオムツ替え」と思わないでくださいね。
夜中に、眠い体を起こして何か作業するというのはとても重労働なんです。

ご飯の準備や片付けの時間も睡眠にあてたいくらいなんです。
でも、ちゃんとおっぱいの量を出すためには、ある程度いいものを食べなければいけません。

独身の頃のように「寝たいからお昼抜いちゃえ」なんて、できないんですね。

「それくらい自分でやって。」

生後1ヶ月くらいまでは、まだ縫った傷口が痛んだりします。

出産によるお母さんの体への衝撃は、交通事故にも匹敵するという話があります。

そのくらい骨盤がゆがんでグラグラなんですね。

見た目にはいつも通りなので、厳しい言葉を投げたくなる気持ちはわかりますが、いつもより甘えさせてあげてください。

「ごはん、軽めでいいよ。」

不器用でも、簡単な野菜炒めでも、退院後せめて1ヶ月くらいはご飯の準備をなるべく自分で挑戦してみてください。


特に、2人目以降のお子さんの場合は、上のお子さんたちのご飯の準備まで手が回りません。


お味噌汁やホットケーキ、そして色々な具の入ったたまご焼きなんかがオススメですよ。

さいごに

どうですか?
あなたは奥さんに言っていませんでしたか?


たまに、「仕事で収入を得ること」と「子育て」のどちらが大変なのかを比較している方がいますが、それらは比べることはできません。
目的も得られるものも違うんですから。

そして、どちらかが優位に立つということもありません。


産後のあなたの態度で、その後の結婚生活がガラリと変わります。

2人で協力して有意義な子育てライフのスタートを切ってくださいね!

この記事を書いたユーザー

こぐま このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • インターネット
  • おでかけ
  • 育児
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス