これからの季節、だんだん暑くなってきて食欲も落ちてしまう人もいます。毎日のお弁当作りもマンネリ化してしまいがち。そんなとき、食欲も増進させて、マンネリ化も防ぐお弁当として「そうめん弁当」はいかがですか?そうめんってお弁当として持っていくイメージはあまりないですよね?固まってくっついてそうだし、のびきって美味しくなさそうなイメージがありませんか?それが実は少しの手間でちゃんとしたお弁当になるんです。

「そうめん弁当」の作り方とは?

Licensed by gettyimages ®

袋に記載されている茹で時間を守って!

Licensed by gettyimages ®

実はそうめんがのびないようにとゆで時間を短くするのは逆効果なんです。そうめんは水分が少ないと水分を吸おうとしてのびやすくなるんです。つまりゆで時間はそうめんの袋に書いてある既定のとおりにゆでるほうがいいということです。

出典 http://serch.biz

固めは逆効果なんです。

重曹を入れましょう!

Licensed by gettyimages ®

ゆでるときのお湯には重曹を入れましょう。お湯1リットルに対して重曹は大さじ一杯。沸騰したお湯に重曹を入れると泡が立って吹きこぼれやすいです。少しお湯がぬるいかな?というくらいの時に重曹を入れるといいですね。

出典 http://serch.biz

ぬるめのお湯に入れるのがポイント!お湯に重曹を入れるとアルカリ性になります。重曹で、そうめんの小麦粉のたんぱく質が固まってグルテンの結びつきが強くなるんだそう。そうすることで、コシが強くなるんです。

しっかり水洗いしましょう!

Licensed by gettyimages ®

流水でしっかり手もみ洗いをしてそうめんの表面のぬめりをとりましょう。

出典 http://serch.biz

水分を吸いにくい、そうめんが完成します。

「めんつゆ」は、しっかり凍らせて!

出典 http://mxmhouse.exblog.jp

カチカチになるくらい凍らせましょう。保冷剤代わりになり食べる時間にはちょうどよく解凍されています。

我が家は100均で売っているようなプラスチックの「タレビン」に麺つゆを入れて、冷凍したものをお弁当に入れていました。保冷剤の役目も果たしてくれるので良かったですよ!

出典 https://mamanoko.jp

そうめんの入ったお弁当箱の上に凍らせた「めんつゆ」を乗せておけば、保冷剤代わりになりますよね。

保冷剤代わりに凍らせた、めんつゆを添えて

彩りも美しく、食欲が増します。

清涼感いっぱい!

色々な薬味が美味しそう!

これなら食欲なくても完食できます。

アイデアつけダレ!

栄養いっぱい!

美しい!

豪華です!

栄養バランス良し!

色合いも綺麗です。

子どもも大喜び!

子どもは、そうめん好きですよね!

「冷やしうどん弁当」もアリ!

同じ要領でうどんもお弁当に!

薬味に梅干を!

Licensed by gettyimages ®

梅干は腐敗防止になります。

梅雨から夏にかけて食欲が落ちるひとも増えてきます。そんなとき「そうめん弁当」は、とてもいいアイデアですよね。薬味に梅干を多めに入れることで腐ることも防いでくれます。ちょっとした工夫で、おいしいお弁当になります。是非、試してみて下さいね。

この記事を書いたユーザー

うー このユーザーの他の記事を見る

東京が好きで、昭和が好きで、古い日本のドラマも好きで、カフェが好き。
忘れられかけている遠い記憶のことを掘り起こしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス