子供というのは気まぐれな生き物。ちょっと自分の思い通りにならなかったりする事があると、ところ構わず「いやー!!」と騒ぎ、そしてストライキします。

そんな我が子の状況を投稿するハッシュタグ「#我が子のイヤイヤ画像」が話題になっています。

当事者のお父さんやお母さんに取ってみれば大変この上ない状況ですが、周りの人達にとっては思わず癒やされてしまうような写真も多いのでご紹介したいと思います。

1.被ってみました

連れ回されて飽きちゃったんですね。

2.お風呂に入りたくなくて…

頭もおしりも隠せていない状態。

3.道のど真ん中で倒れる

イヤイヤ界の王道

4.店内でもストライキ

よく見る光景ですね。びっくりすると同時になんだかホッコリ。

5.とにかくもう歩きたくない!

断固拒否!

6.「開けろ-!」

トイレのに侵入を試みるのもあるあるですね。

7.自転車拒否

お出かけスケジュールがどんどん狂っていくんですよね…

8.ごはん拒否!

これもありますね。もっと小さいと、お皿を「バーン!」と跳ね除けてしまうことも。

9.無言の抗議活動

かわいい!

10.猫も心配

子供が泣いていたりすると、猫も遠くから心配そうに眺めているんですよね。

11.洋服引っ張り攻撃

これはダメージがデカい!

12.角に佇む

もう誰の顔も見たくない!

13.布団に逃げ込む

とりあえず逃げこむ傾向がありますね。

14.きぐるみが倒れてる!

これは許しますね!

15.足バタバタ

カメラが捉えきれない程のバタバタ具合。こちらも王道イヤイヤですね。

16.離れたくない!!

なかなか離れてくれません。

17.とにかく脱ぐ!

お家の中ならまだいいんですが、外だと焦ります。

■イヤイヤ期は誰にでも来るもの

Licensed by gettyimages ®

来るタイミングは違えど、子供が成長する過程で訪れるイヤイヤ期。

イヤイヤ期とは、一般的に「第一反抗期」と呼ばれ、ママの意見と、子供の意見がぶつかりあう時期のことを指します。しかし、これは本当に「反抗」しているのでしょうか?違いますよね。ママから見たら「反抗」ですが、子供から見たら、「自己主張している」んです。

今までは、ママからの発信(微笑みかけるなど)を受け取って、笑ったり、泣いたりしていた受動的な赤ちゃんから、自分を表現する事を能動的に行う「人」になるための時期です。ママとの意見のぶつかり合い(やりとり)をしながら、人にも同じ「気持ちがある」ことや、人の意見を聞く事、我慢する事、いたわる気持ちなどを学び、自分なりの自己主張の仕方を学んでいく、成長過程にとても重要な要素の入った時期なのです

出典 http://www.babys-room.net

いつ発動するか分からない子供の「イヤイヤ」。親にとって見れば非常に大変ではありますが、じっくりと子供たちの主張を聞いてあげ、どこかで折り合いの付くタイミングまで付き合ってあげるのが重要なんですね。

Twitterに投稿されている多くの方もおっしゃっていましたが、過ぎればいい思い出になるはずですので頑張って子供のイヤイヤに付き合ってあげましょうね。

■こちらもどうぞ

この記事を書いたユーザー

ももかん このユーザーの他の記事を見る

なるべく波風立てないように生きる事が信条の30代(♂)です。軽い気持ちで読める記事を心がけたいと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • インターネット
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス