日本でも一般的になってきた夏の野外音楽フェス

出典 http://ryushiosaki.com

フジロックやRISING SUN ROCK FESTIVAL、サマーソニックなどに代表される夏の野外音楽フェス。以前はそんなに多くの開かれるものではありませんでしたが、ここ10年程の間に夏の風物詩として一般的になってきました。

そんな野外音楽フェスも、サマソニなどの都市型とフジロックなどの郊外型のざっくり2種類に分類されます。そして、郊外型の野外音楽フェスにおいて特に見られるある光景があるのはご存知でしょうか?

それが、数日間の開催を通しで参加する人たちのテント群

出典 http://www.hardrockheavymetal.com

数日間連続で開催される野外音楽フェスを通して参加する方々は、こういったテント設置スペースで開催期間中寝泊まりして、参加するのが一般的なんですね。

いわゆるキャンプに行きテントを張るような光景と違い、狭い場所にギュッと詰まっているのが特徴的です。

こういった野外音楽フェス特有の光景であったテント群。それが、最近ではある場所でも見られるようになっているというんです。

■その様子をTwitterに投稿したのはあるお笑い芸人

ザ・ギースの尾関さん

出典 http://natalie.mu

キングオブコント2015のファイナリストでもある実力派お笑い芸人。尾関さんは右の方ですよ。

その投稿内容がこちら

一見、先ほど紹介した野外音楽フェスでの光景のように見えますが、なんとこれ、小学校の運動会での光景だったんです!

■この光景に多くのユーザーがびっくり

マジで!?

Licensed by gettyimages ®

あそこかな?

残念!運動会でした!

うちもそんな感じ

本当にこんな感じなんですね…

こんなの嫌だ

確かに、ここまで行くとアレですね。みんなこの中でお弁当などを食べるんでしょうが、なんだか家族間の交流がなさげです。

エスカレートするとちょっと嫌ですね。

どうやって観戦するの??

確かに!あくまでお昼休みだけの光景なのでしょうか。それとも、自分の競技の時だけ出てくるのでしょうか?

テント禁止の学校も

それはそれで問題ですね…。

大きな公園もこんな感じだった

水上公園や、最近話題のアンデルセン公園。あとは、個人的に最近行った所では神奈川県のこどもの国など。確かに、子供が遊べるアスレチックなどが充実した公園に行くと、テントを張っている方を多く見かけますが、こんなにゴチャゴチャしているのはまれかも。

■本当にこんな状況なのかTwitterを覗いてみると…

このように、結構見つかってびっくりです。もちろん、昔ながらのレジャーシートを広げている運動会の方が圧倒的に多いようですが、もしかするとこの光景が一般的になる日も遠くないのかもしれません。

■今後もし使う予定の方は「ワンタッチ式」がいいみたい

簡易テントのなかでも比較的しっかりとした作りのドームテントが設置できるワンタッチテントは、組み立ての面倒なポールを折り畳み傘のような構造にすることで、テントシートにさしたら傘を開くように操作するだけで設営できるため、およそ15秒程度で設営を完成させることができます。

テント設営に慣れてない人や、設営に時間をかけたくないという人におすすめの簡易テントですが、ポールが折れたり曲がったりした場合、ポールが畳めなくなるので収納が出来なくなったり、パーツそのものを修理しなければいけなくなるなどのリスクもあるのが難点です。

出典 http://recreation.pintoru.com

持ち運び簡単で一瞬で設営できます

出典 YouTube

これはらくちん!キャンプなどで使うのは頼りないかもしれませんが、日中のお出かけで使うには丁度いいですね。

運動会で使うのは、各学校が許可しているかどうかが大きな問題なのでケースバイケースですが、Twitterの反応でもあったように、大きめの公園で一日遊ぼう!というような場合は、この様な簡易テントがあると便利かも。

小さなお子さんがいらっしゃるご家庭の方は、是非導入をご一考ください。

この記事を書いたユーザー

ももかん このユーザーの他の記事を見る

なるべく波風立てないように生きる事が信条の30代(♂)です。軽い気持ちで読める記事を心がけたいと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • インターネット
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス