アメリカ・シカゴ州在住のASHLEY LANG(アシュリ―・ラング)さん。

彼女と一緒に写っているゴールデン・レトリバーの名はワグナー。アシュリーさんの家族の一員であり、息子のように可愛がってきたパートナーです。

12年間、ワグナーはアシュリーさんにとって、大切な家族であり続けました

出典 https://www.facebook.com

オフの日は、近所の公園や湖畔にワグナーを連れておでかけ。ワグナーと過ごす時間はアシュリーさんにとって、かけがえのない時間でした。

しかし、そんな幸せな時間にも終わりはやって来ました。12歳(中・大型犬では人間の年齢に換算すると70代半ば)になったワグナーは、天国へと旅立ちます。

家族の一員になった日のこと

出典 http://www.jumblejoy.com

アシュリーさんがワグナーと出会ったとき、彼はまだ幼い子犬でした。ワグナーにひと目惚れしたアシュリーさんはすぐさま、彼を家族の一員として迎え入れます。

猛吹雪の中、散歩に出かけた日のこと

出典 https://www.facebook.com

冬のシカゴの寒さはとても厳しくて長いです。最も寒さが厳しくなる12月末から1月初旬は、最高気温でマイナス5~10℃、最低気温はマイナス10℃~15℃に。ウィンディ・シティと言われるほどの強風も手伝って、体感温度はもっと低くなります。

猛吹雪の日でも、アシュリーさんはワグナーを連れて散歩へ出かけます。一緒にいれば心はぬくもる…そんな絆を感じる1枚ですね。

オシャレして出かけた日のこと

出典 https://www.facebook.com

テキサスA&M大学のスポーツチームを応援するため、チームのロゴ入りのキャップをかぶりドレスアップするワグナー。なかなかのオシャレさんです。

出典 https://www.facebook.com

アシュリーさんのfacebookページを見るとわかるのですが、本当にたくさんのワグナーの写真がアップされています。

2人はこの12年間、数え切れないほどの思い出を共有してきました。アシュリーさんがどれだけワグナーを愛し、ワグナーがどれだけアシュリーさんを愛していたのかが伺い知れます。

そして、ワグナーの火葬を終えたアシュリーさんは、彼の遺灰を持って「ある場所」へと出かけます。

そこは生前のワグナーとよく出かけていた公園。「暗くて窮屈なお墓の中よりも、元気いっぱいに駆け回れる広々とした場所のほうがワグナーも喜んでくれる」そんな想いがあったのでしょう。

アシュリーさんが投げたフリスビーを、息を弾ませて追いかけるワグナー。そんな光景を思い出しながら、彼女は遺灰を空に向かって撒きました。

その様子を撮影していたアシュリーさんの友人は、後日とんでもないモノが写っていたことに気づいたのです。

その写真がコチラ!

「アシュリー、僕ともう1度だけ遊んで!」

空に舞う遺灰が、アシュリーさんにじゃれつこうとするワグナーの姿さながらに浮かび上がっていたのです。

こちらは生前のワグナー、アシュリーさんに向かって駆け寄ります。

ズームアップしてみましょう

出典 https://twitter.com

抱きつこうとジャンプしたようにも見えますし、ゆっくりと天に昇っていくようにも見えます。

「ありがとう、アシュリー。僕は幸せだったよ」

最愛の人にお別れを言いに来てくれたのでしょうか…。

奇跡、偶然、巧妙な加工?この写真に対する反応は

Licensed by gettyimages ®

・「私は間違いなくワグナーだと思う」

・「身震いするほどに素敵な物語だ」


・「ワグナーはアシュリーの守護天使だ。肉体は滅びても精神は彼女と共にあり、今も見守ってくれているんだ」


・「よくできた加工だ。僕ならもっと上手く作るがね」


・「ただの偶然、大騒ぎするほどのことじゃない」



上記は寄せられたコメントの一部です。

世界中でシェアされ、大きな感動を呼んだこの写真。たしかに科学的な根拠もなければ、たまたまそう見えるだけなのかもしれません。

あれは間違いなくワグナーだったと確信している

出典 https://www.facebook.com

アシュリーさん:「きっとワグナーは、私に最後のお別れを言いに来てくれたのだと思う。私も友人たちも、あれは間違いなくワグナーだったと確信しているわ」


動物を飼っている人と飼っていない人とでは、価値観や温度差があるのは仕方がないことですが、我が子のように育て、共に暮らしてきた愛犬を亡くすことは、本物の家族を失うことと同様の悲しみです。

信じる、信じない、スピリチュアルやらサイエンスだとか、理屈はなんだっていいのです。12年間あふれる愛情を注ぎ、自分の命の終わりを見届けてくれたママに、息子がお別れを言いに帰って来た。それでいいじゃないかって筆者は思うのです。

1人の心優しき女性と、彼女が息子と呼んだ1匹の犬の物語。あなたはどうお考えになりましたか?

この記事を書いたユーザー

hiraku このユーザーの他の記事を見る

ヘタクソながら執筆してます。読み手の発見、驚き、笑顔につながるような内容を心がけています。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • インターネット
  • ライフハック
  • 広告
  • 育児
  • 暮らし
  • ゲーム
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス