体の為には辞めたいタバコ

Licensed by gettyimages ®

辞めたくてもなかなか辞められないという人も多いタバコ。「タバコを辞めてほしい」と大切な人に対して思っている人も多いでしょう。

健康の事、経済面、様々な理由でタバコは吸わないに越したことがないですよね。

タバコは吸っている本人だけでなく、周りで煙を吸う人にも害を及ぼしてしまいますので、子供にも悪影響を及んでしまう可能性があります。

これまでに禁煙を試みたことがあるという方もいるのではないでしょうか?

なかなか上手くいかない禁煙ですが、鈴木おさむさんが自身のブログで、禁煙についてのお悩みに答えました。

〇たばこ

現在妊娠九ヶ月です。

妊娠が発覚したときに、主人に以前からやめてほしかったタバコをやめてほしいと訴え、禁煙してもらうことになりました。

私は一緒にがんばってくれるんだな、と本当にうれしくなりました。

ところが、しばらくしてカバンの中にタバコとライターが。

すると、安定期に入るまでは他の人に言えないし、それまでは今まで通り付き合いで吸っている、との言い訳。

でももうやめる、と言ってくれました。


そして、それから数ヶ月。

また再開していたことが昨晩発覚しました。

どうせやめられないという気持ちが少しあったため、

今回は怒りは生まれませんでしたが、なんというか呆れてしまいました。

情けないというか、がっかりというか、もう怒る気にもなれません。

このままやめてもらわないと、好きな気持ちもなくなりそうです。

こういう人はタバコをやめられないんでしょうか

何かやめさせるいい方法はないでしょうか。

やめさせようとすることをやめるべきでしょうか。

タバコが原因で夫婦喧嘩になってしまったという方のお悩みをピックアップされました。

子供が禁煙のきっかけに!

出典 http://ameblo.jp

タバコを吸っていても妊娠をきっかけに禁煙をするという方も多いです。「親になる」という事で責任感も芽生えますし、胎児にはタバコは悪影響ですね。

それでも、なかなか辞められないという男性もいますよね。

”禁煙”に寄せられたコメント

妊娠発覚後4日かけて私は止めました。甘いかもしれません。でもそれまでは1日1箱でした。旦那は未だに吸っています。ただ家の中の灰皿は旦那が自ら処分。喫煙は仕事中だけです。
ここまで来るのには大変でした。つわりと嗅覚過敏の時期、泣きながら何度もバトルしました。止めてほしかった…でも私の前で吸わなくなり、本当に忙殺の中の「ストレス解消=タバコ」だとわかったから今のスタイルに落ち着きました。「どうしても0本にはできないでいる…本当にごめん」と。喫煙席も避けてくれるようになり、禁煙ではないにしても旦那の歩み寄りが目に見え嬉しかったです。
何事も、できない約束をされるくらいなら、譲歩をしたいです。

出典 http://ameblo.jp

禁煙が出来ないという方も、難しいことを素直に打ち明け、少しでも改善しようと歩み寄ることが誠意に感じられますね。

妊娠中イライラも溜まるとは思いますが、旦那さんを形だけでもいいから褒めてあげてください。
奥様の前で吸わないように気を遣われているのですからそこだけでもいいです。褒めてあげてください。
私も妊娠5か月の妻がいます。妻は悪阻などが酷く他にも問題を抱えていますので、私と母で身の回りの世話をしています。妻からいつもありがとうと言われれば嬉しいもんです。単純ですが感謝されれば頑張ろうという気持ちが長続きするかもしれません。

出典 http://ameblo.jp

奥さんが妊娠中に禁煙を命じられると旦那さんもストレスが溜まってしまいますよね。それでも改善しようとする旦那さんの変化を見逃さないようにし、褒めてあげることも大切なのですね。

旦那もタバコ吸ってます。
もうしゃーないと思ってるので禁煙してくれとお願いしたことはありません。
唯一お願いしたのは妊娠時だけ
あまり相手に求めてばっかやとイライラして
下手すると夫婦間もギクシャクしますよ。

ここでは吸わないでねってお願いするくらいです。

他の方のコメントにもありましたが
禁煙してくれたらラッキー♪って感じです。

出典 http://ameblo.jp

「禁煙してくれたらラッキー」という大らかな気持ちも大切なのですね。

「辞めろ」と言われて辞められないのがタバコ。と、間食。と、スマホゲーム。

本人が、辞めたいと強く思わなければ、やめられないでしょう。わたしはタバコ吸いませんが。付き合ってるときに「タバコ臭いからキス嫌だ」って言ったら、辞めた人が、夫。わたしは間食辞めません。

出典 http://ameblo.jp

辞められないものがあるという方は、相手の「喫煙」にも辞められない気持ちがわかるでしょう。

「禁煙してほしい」という気持ちがあっても無理強いしないという人、本数を減らすだけでも努力を認めているという人、考え方を変えるだけで、イライラすることも減らせることが出来るようですね。ブログのコメント欄には、参考になる経験者の意見が沢山見受けられました。

鈴木おさむさんも、喫煙者でした。

旦那さんのタバコについて、かなり熱い意見が飛び交いました。

タバコ。
僕も結婚して2年目くらいまで吸っていました。
かなりのヘビースモーカーで、一日5箱は吸っていて。


ひどいときは一日1カートンも吸ってたときもあって。

かなりのヘビースモーカーだったようですね。

そんなおさむさんが禁煙出来たのは、体の異変を感じた大きなきっかけがあったようです。

手もふるえたり、かなりひどい状況で。
そしたらある日、妻と旅行に行ったホテルでタバコ吸ってたら、
肺にとてつもない痛みが走り。


検査に行ったら「肺に白い陰がある」と言われました。


もう怖くて怖くて。
色んな病気を考えてしまい。

肺に痛みが走った瞬間からタバコをやめて。

出典 http://ameblo.jp

恐怖を経験されたのは、尋常じゃないくらいのタバコを吸っていたことが原因なのでしょうが、やはり健康に害が出てしまう、恐ろしいものだという事を、身をもって経験されたのですね。

検査結果がでるまでの二週間、生きてる心地がしなくて。

それで、検査の結果を聞きに行ったら、大きな病気ではなく、
ちょっと治療すれば治る病気でした。


検査結果を聞きに行く日は妻も一緒に行く・・・と言ってくれて。


結果を聞きに行く部屋に一人で入るときに、妻が「絶対大丈夫だよ」と言ってくれたんですが、そのときに妻の目はうるんでる気がしてまして。


だから検査結果で大きな病気でないとわかった時に、妻にあんな目をさせたらダメだという思いと、あの二週間の恐怖でタバコをやめることが出来ました。



どれだけタバコを吸っていても、大切な物を失いたくないという思いになると、やめられるんだと、あのときは思いましたが・・・

出典 http://ameblo.jp

幸い、大事には至らない病気だったようですが、それ以来タバコを吸っていないというおさむさんの恐怖の大きさを感じられますね。一児の父となった今、「あの時病気になっておいてよかった」と感じられているのではないでしょうか。

そばで支えてくれていた美幸さんの存在も大きかったことでしょう。

そんなおさむさんのお悩みについての回答は・・

昨日の相団は・・・
旦那さんになぜにやめてほしいかというのが大事で。
家では吸わないようにしてると思うのですが・・・
タバコが高いからやめてほしいのか?


それとも子供が産まれる中で、健康に気をつかってほしいのか?
その理由をはっきりさせるべきかなと思います。

旦那さんなりの努力はしてるとは思いますが・・・
タバコをやめるのは簡単なことではないからこそ・・・
なぜやめてほしいのか??
理由を訴えて。


ちょっとずつ努力しているとしたら、ちゃんとそこも誉めてあげて。


近づけていく・・・ということが必要なのかなと思いますが。

出典 http://ameblo.jp

タバコを辞めることが覚悟がいることだという事を理解した上で「辞めてほしい理由を伝える」「相手を誉める」という事を行ってみましょう。

本気で辞めたいという思いを感じられるなら、禁煙外来を利用されるのもいいでしょうし、夫婦で歩み寄っていくことで、より素敵な夫婦関係を築いていくことができるのではないでしょうか。

こちらの記事も読まれています。

この記事を書いたユーザー

nano このユーザーの他の記事を見る

話題作りが出来るような新鮮な情報を発信していきます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス