現代テクノロジーがどんどん進化する社会。便利性という点では早くて簡単というメールや電話がもちろん効率的ですが、昔ながらの手紙という方法で誰かとコミュニケーションを取ることが好きな筆者。直筆の手紙は受け取った人を温かい気持ちにさせるもの。そしてより気持ちが伝わるような気がします。

筆者が子供の頃は「ペンパル」を世界中に探すことが一時ブームになりました。今のSNSの先駆けですが、会ったことがない人と手紙のやり取りをするというワクワクした気持ちを今でも覚えています。

ポストに返事が来るのを楽しみにしていた自分。会ったことのない人が住んでいる国を想像して楽しくなる自分。いつかそこに行ってみたいと夢を思い描く自分…。子供にとってはそうした想像の世界がとても大切なんですよね。

古き良き習慣で友達を増やし続けるトビー君

出典 https://www.facebook.com

イギリス、シェフィールド在住のトビー君は現在8歳。5歳の時に「A Letter to New Zealand(ニュージーランドへの手紙)」というイギリスとニュージランドで文通をしている子供たちを通して、その手紙がどんなふうに届けられているか紹介された本がきっかけとなり、「世界中に手紙を書きたい!」と思うように。

5歳の子供が言ったことなので、そのうち飽きるだろうとお母さんのサビーンさんはトビー君の世界中に手紙を書くという気持ちを本気にはしていませんでした。ところが、トビー君の熱意は半端なかったのです。1年間に193もの国連加盟国に手紙を書き、3年間でなんと890通もの手紙を世界中に送ったトビー君。

トビー君の情熱は世界中の人をも感動させた

出典 https://www.facebook.com

これがまさに「友達の輪」といえるでしょう。最初はトビー君の友達へ。そしてその友達からまた友達へとどんどん広がり、手紙を投函した国も先進国から途上国にまで幅広く及んでいます。

トビー君の素晴らしいところは、世界中にペンパルを作ることだけではないのです。ある日、手紙を送ろうとソマリアのことを調べたトビー君。そこに暮らす子供たちが自分の環境とは驚くほど違っていることにショックを受けました。

そしてトビー君、貧しい暮らしをしている子供たちのためにチャリティ基金を募ったのです。わずか10歳未満の子供が、世の中の情勢を知り同じ子供が置かれている貧しい状況を悲しみ、彼らのために何か行動を起こそうとする行為は素晴らしいことではないでしょうか。

「少しでもいい世界になればいいな」

出典 https://www.facebook.com

現在、トビー君の「世界中に手紙を書こう」キャンペーンは各メディアでも取り上げられ、テレビのインタビューも受け、トビー君は「世界の全ての国の状況が少しでも良くなれば」と思いを語りました。

また、「Writing to the World」というコミュニティサイトをFacebookで設立。そこにはトビー君がこれまで買いたたくさんの手紙や、その返事が投稿されています。時にはその国のスイーツのレシピを教えてくれる人もいて、その度にトビー君はチャレンジ。その様子もFacebookに投稿しています。

これまで378通もの返信を受け取ったトビー君

出典 https://www.facebook.com

「こんにちは、元気ですか?」から始まるトビー君の手紙。見知らぬ少年から受け取った手紙に驚く人はきっといるでしょう。でも、その後きっとほっこりした気持ちになるはず。トビー君がイギリスから気持ちを伝えたように遥か遠くの国からトビー君に返信をしてくれる人もいて、これまでトビー君が受け取った手紙は378通(5月中旬現在)。

幅広い年齢層からの返信が

出典 https://www.facebook.com

トビー君と同じように子供が書いたと思われる筆跡で返信された手紙もあれば成人の筆跡で書かれた手紙も。

そして日本からの返事も…!

出典 https://www.facebook.com

トビー君よりもちょっと年下の女の子が手紙を受け取ったようですね。一生懸命返事を書いたのでしょう。「えいごができます」アピールも可愛い!

世界地図で見てみると…

出典 https://www.facebook.com

緑色の部分が、トビー君が手紙を送って返信があった国。紫色の部分が手紙を送ったけれど返信がなかった国だそう。全体的に見ると、返信してくれた国の方が多いようですね。これだけ知らない人からの手紙が届くのはトビー君にとっても楽しみでしょうね。

これからも広げて行こう、友達の輪!

出典 https://www.facebook.com

ふとしたことがきっかけで、世界中の人に大きなインパクトを与えたトビー君の手紙。このキャンペーンはまだまだ現在進行形。そしてチャリティ募金も随時募っているということで、手紙を書くことで知ったこれまでのいろんな事が一つ一つトビー君の成長に繋がっているといえるでしょう。

トビー君の将来の夢は手紙を書いた世界中を旅すること。テクノロジーだけに頼らずに今も「手紙」という古き良き習慣を守り続けるトビー君。いつか君の夢は叶うはず。筆者もトビー君の「世界中に友達を広げる」キャンペーンを応援します!

*掲載に関してはトビー君のお母さんより許可済みです。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス