記事提供:ミラクリ

若者たちと話をする機会があった。

何から何まで自分とはまるで違う価値観に驚きながら、彼らの食欲に財布を痛めながら、楽しい時間をすごした。

ただ、彼らが身につけていた「お揃い」がどうしても気になり、途中から釘付けになってしまった。

若者たちが持つ、お揃いの靴・服・スマホケースが気になった

最初からその存在に気づいていたのだが、ぼくはなかなか聞き出せずにいた。

彼らにひどく初歩的なことを尋ねるような気がして、自分が“おっさん”であることを浮き彫りにするような気がして、怖かったのだ。

でも聞かずにはいられなかった。

今回食事に来てくれたのは17~23歳の8人。

全員が仲良しというわけではなく、「2:3:3」のグループに分かれているようだ。

ぼくが聞き出したくて、なかなか聞き出せなかったのは、彼のグループが、それぞれで「お揃い」の何かを持っている理由だ。

キャラクターもののスマホケース、コンバースのスニーカー、ユニクロのTシャツ。

勇気をだして「何でお揃いにするの?」と尋ねても、的を得た言葉が返ってこない。

正確な内容は忘れてしまったが、「え?おかしいですか?皆もやってますよ~」みたいなものだったと思う。

その昔、お揃いは“イタい行為”だった

その昔「お揃い」は、何か特別なイベントだったように思う。

そして、言い方は悪くなってしまうが「ダサい」「イタい奴ら」というイメージも根深く存在した。

逆に言うと、そんな厳しい目線をくぐり抜けてでも「お揃い」にする人たちは、他人の意見を気にしない強さを持っていたのだろう。

お揃いはセンスのなさの象徴でもあり、強さの証でもある、そんな不思議な存在だった。

ところが目の前にいる若者たちからは、後ろめたさや恥じらいが一切感じられず、むしろ楽しんでやっているように見える。

なぜだろう。

価値観でつながった時代は目に見えるものを共有する必要がなかった

ぼくが高校生のときは、インターネットはおろか携帯電話も普及しておらず、ポケベルが主流だった。

友だちを作るには、それなりの時間を共有する必要があり、考え方が合わない場合は途中で離れる、もしくは仲違いすることが当たり前だった。

これはつまり「人間たちが価値観でつながっていた」ということだ。

人間の芯でつながっているのであれば、あえて目に見えるものを共有し、仲間であることを示す必要はない。

お揃いが“表層的なもの”とされたのも、ここに原因があったように思う。

24時間監視社会が「味方」の存在を見えづらくした

現代にはLINEがあり、SNSがある。ネットワークを通じて、好きなときに、好きな人と連絡を取ることが可能になった。

これは便利であるのと同時に、「24時間監視社会」に突入したとも言える。

いつでも、どこでも、誰かにプライベートを覗かれる可能性がある。

海外にいたってメッセージのやり取りができる。

「ご報告」と題して近況をアップしなければ、「何かトラブルでもあったの?」と連絡が入ってしまう。

「ネットを使わなければいいじゃないか」は間違いなく正論だが、そんな簡単にネットワークを遮断できるほど人間関係は単純じゃない。

24時間監視社会では、“いい人”でいることが最大のリスクマネジメントだ。

いいね!する、拡散に協力する、コメントにはコメント返しをする、そんなネット上の立ち振る舞いで人間性が評価される。

ネットワークは既に社交辞令にあふれている。昔のようなコミュ障たちの安住の地ではなく、人間社会そのものだ。

24時間監視社会は、誰が味方なのかを分かりにくくしている。

「私は仲間です」お揃いは友情の証

感度がいい若者たちは、そのリスクを感じ取り、あえて「お揃い」の何かを身につけることで、味方を識別しているのではないか。

そして、「私は仲間です」という公な表明にもなる。

わざわざ大きな声で叫ばなくても、キャラクターもののスマホケースを持っているだけで、コンバースのスニーカーを履いているだけでいい。

それだけで「あなたはコッチ側の人か」と認識してもらえる。

若者たちはお揃いでシグナルを発して、共鳴して、価値観を共有しているのかもしれない。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス