熊本地震により、またしても自然の恐ろしさを目の当たりにしましたが、未だ東日本大震災の傷も癒えていないのが実情です。

思ってもみない形で、親を、子を、兄弟を、友人を、同僚を…

様々な形で、悲しみを受け入れなければならなかった方も多々おられ、進学や就職や未来への希望、それらも捨てざるを得なかった方々も少なくなかったことでしょう。

ツイッターユーザー「ビニールタッキー(@vinyl_tackey)さん」のつぶやきに添えられた記事をみて、「日本もまだ捨てたものじゃないぞ」と感じましたので、ご紹介させていただきます。

いったいどんなつぶやきなの?

そのつぶやきは、

全文コピーして貼りたいぐらい素晴らしい記事。

出典 https://twitter.com

といった書きだしで、震災遺児に対する支援に関する記事がリンクされております。

現在、29000を超えるリツイートを獲得し、人々の関心の高さをうかがわせております。

それでは、つぶやきをご覧ください

こんな素晴しい奨学金制度があるなんて、いままで知りませんでした。
目下の課題は、この奨学金制度が周知されていないとのことですので、もっと拡散されてほしいですね。

◎みちのく未来基金とは

3.11東日本大震災は日本人一人ひとりに多くの宿題を残しました。

「未曾有の」とか「想定を超える」とかの言葉が飛び 交いましたが、理由はどうあれ多くの子どもたちが愛する親を失いました。
そして子どもたちは今、進学の夢や希望を 諦めようとしています。

私たちカゴメ株式会社、カルビー株式会社、ロート製薬株式会社は、真にこの復興 の礎となるべき子どもたちが、その夢や希望を諦めずに成長し、故郷の復興のために役立って ほしいとの願いを込めて、進学支援のための奨学基金「公益財団法人みちのく未来基金」を設立致しました。

最後の進学希望者が卒業するまで 四半世紀にも及ぶ大変長い活動になりますが、 同じような志を持つ多くのみなさんと、支援の輪を広げながら歩んでいきたいと思います。 多くの方々の様々なご支援、ご参加を心よりお待ち申し上げます。

出典 http://michinoku-mirai.org

みちのく未来基金を一言でいえば、「震災遺児を対象とした、返済義務のない奨学金制度の運営団体」である。年間300万円を上限として、両親もしくはどちらかの親を震災によって亡くした子供に対して、大学や短大、専門学校などの学費が卒業まで給付される

出典 http://biz-journal.jp

ここ最近、返済義務のある奨学金制度により、大学卒業、そして社会人1年生としてスタートラインに立つ際に、数百万の借金を背負った状態でのスタートを余儀なくされているという話題があり問題視されておりますが、震災により精神的にも金銭的にも痛手を負った子供達には過酷すぎます。
こういった制度があるということは有り難いですね。

◎ツイッターでの反応は

わたくしも同じことを思いました。
必要なものは、この4社から物色したいと思います。

そうならないよう運営されることを願うばかりですね。

寄付されているのですね!
素晴しいです!

涙腺が弛みがちの今日この頃です。

◎給付条件に関するツイートも

かなり幅広い範囲で適用されるのですね。
しかも、大学を卒業するまでとのことですから、かなり長い歳月にわたっての制度なのですね。
頭が下がります。

◎設立への思い

「東日本大震災の被災を見て、日本中で誰もが『何かできないか』と思ったはずです。私たちも、その思いの中で、子供たちに夢を諦めることだけはしてほしくないと考えました」(ロート製薬代表取締役会長兼CEO・山田邦雄氏)

出典 http://biz-journal.jp

個々でやることも大事ですし、塵も積もればということもあるのですが、やはり影響力と資金力を兼ね備えた大企業が率先してくれるとありがたいですね。

「私たちスタッフが、ボランティアをしてくれる在籍生たちに『ありがとう』と言われるんです。本当は、私たちのほうが言わないといけないのですが。でも、『いつもありがとう』と言ってもらえて、この仕事をやっていて心からよかったと思いました」
 そう語るのは、業務執行理事の末田隆司氏(カゴメ)だ。

出典 http://biz-journal.jp

たてまえでなく、心からの「ありがとう」に映ります。
心からの飾らない言葉は美しいですね。

カルビー代表取締役会長兼CEOの松本晃氏が「海外の企業で働いていて感じたのは、日本人には思いがあってもなかなかできないことをいかにかたちにするか。そのひとつが社会貢献」と語っていた。

出典 http://biz-journal.jp

日本人は本当に心が優しい民族だと思います。それを形にすることが下手なだけで。
このように形にできたことは、非常に意義があることだと思います。

◎「みちのく未来基金」ホームページはこちら

このツイートを見るまで、このような素晴しい基金があるということを全く知りませんでした。

まだ知らない人も多いと思いますので、一人でも多くの被災者に伝わればいいなと心から思います。

この記事を書いたユーザー

アカンな~同好会 このユーザーの他の記事を見る

ツイッター
https://twitter.com/jose1106
アカンな~同好会【ラーメン編】
http://ameblo.jp/jose-r-b/

宜しくお願い申しあげます

得意ジャンル
  • グルメ
  • 料理
  • 感動
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス