Twitterで話題になっていた”#文庫川柳”

日本特有の「五・七・五」のリズムを用い文庫本のタイトルを繋ぎ合わせて作られる”独創的な詩の世界”。Twitterを中心に広まったこの「文庫川柳」は多くの人によって詠まれることになりました。

しかし、果たして文庫本だけで終わってしまっていいのか?

現在Twitterでは、この「文庫川柳」から派生した「DVD川柳」に注目が集まっているようです。

20世紀FOXの公式アカウントによって生まれた新たな川柳「DVD川柳」

文庫川柳が話題になっていることを受け、「DVDでやってみました」とこちらのツイートを投稿したのは『20世紀FOXホームエンターテイメント』の公式アカウント。

若者の活字離れが叫ばれるなか、文庫をDVDに置き換えた「DVD川柳」は、多くの人に認知され新たな川柳が次々と誕生しているようです。

1.ちょ、もう居ないっていったじゃない!

なにやってんの!そっちに一匹行ったぞー!

2.ケンカしたこともあったけど本心を言うよ

もう、ツンデレなんだからぁ。

3.一体何があった?

なんかお前、先月よりも固そうになったな。

4.だからどうしたんだって!

もはや別人じゃないですか…。

5.お巡りさん!こいつです!

お巡りさん、こいつです!こいつが犯人です!

6.お前ってワルだけど正直なんだよな

でも、根っからワルだな…。

7.とにかくシュワちゃんが凄いんです

シュワちゃんのキッス怖すぎ…。

8.コマンドーの人気に嫉妬

もう何が何だか…。

9.人よりちっちゃいから大変なんですね

なんて可哀想なアントマン。

10.定時退社が基本です

残業の少ない職場なんだとか。

11.最後は懐かしのVHSを添えて

まさかこんなかたちでVHSが役に立つとは…。

名作映画のタイトルによって作られ川柳というのもなかなか風情のあるものです。

文庫本をDVDに変えたため若干ハードルはあがっているようですが、多くの映画ファンによって現在も増え続けている「DVD川柳」。

興味のある方はぜひお手持ちのDVDを使って一句詠んでみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

amaneck このユーザーの他の記事を見る

記事を読んでいただきましてありがとうございます。ネットでちょこちょこ記事を書いている神奈川県在住の副業ライターです。個人的に気になったことをお伝えしていきますのでどうぞよろしくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス