小さい頃、母に言われた発言が……

一歳半の息子を育児中のYukiと申します。

先日、実家に息子を連れて帰省中
実母が息子にこんなことを言ってました。

小さい頃から脅かされまくっていた私

これまでの流れでわかると思いますが、
私の実母は子供にとって怖い発言をよくしており、
私も幼い頃散々脅されてました。

今回は今でも覚えている母の発言をいくつかご紹介します

1・トイレで…

この発言のせいで、現在も窓の鍵をしっかりチェックしないと
トイレには入れません

2・布団で…

3・他にも…

母は軽い気持ちで言っていた。でも私は25歳になっても忘れてない

三人の子供を育てた母。
とても大変だったと思います。
そんな中で言うことを聞かない子供についつい言った軽い発言であるとわかっているのですが、
25歳になり子持ちになった今でも、母の発言は辛かった思い出として
覚えているのです。

息子には出来るだけ大人の都合で怖い思いをして欲しくない

「おばけ」や「鬼」など恐怖の対象を出して脅かし躾するのも
ありだと思いますし、私も今後つい口にしてしまうと思います。

しかし、火や危険物などを怖いと思うのは当然大切なことですが、
大人の都合で子供を怖がらせ、言うことをを聞かせるのではなく
なぜしてはいけないことなのか理由を伝えることが一番大切と思います。

そして恐怖の対象で脅かした場合も「退治したよ」や「守ってあげるね」など
フォローすることが大切だと私は思います。

まだ一歳半の息子…
言い聞かせてもあまりわかっていないようですが
これから、危険なことは出来るだけ理由を説明していきたいと思います。

この記事を書いたユーザー

Yuki このユーザーの他の記事を見る

2014年11月生まれの男児を育児中の主婦です
人生常にネタ探しをしてます
http://s.ameblo.jp/yuu-yuu-yuu-yuu

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス