出典 https://twitter.com

2016年5月11日に、佐賀県のベストアメニティスタジアムで、U-23日本代表とガーナ代表の試合が行われました。

ガーナ代表が被災地熊本に向け「GANBATTEKUMAMOTO(ガンバッテクマモト)」という感動的なメッセージを送ったことが話題になっています。

被災地に勇気を!チャリティーマッチ開催

『MS&ADカップ2016~九州 熊本震災復興支援チャリティーマッチ がんばるばい熊本~』この試合はリオオリンピックに向けてのU-23日本代表の強化試合ですが、被災者支援のためのチャリティーマッチでもありました。

国旗を飾り歓迎ムード

アメニティスタジアムがある鳥栖(とす)駅でも、国旗を飾り歓迎ムードです。

ガーナ代表選手から感動のメッセージが!

試合前のウォーミングアップ中、ガーナ選手により高々と掲げられた高々と掲げられたガーナ色のプラカードには「GANBATTE KUMAMOTO」の文字。熊本地震の被災者に向けたメッセージ。ガーナ選手の心のこもったこの行動に日本中が心打たれました。

この試合の結果はU-23日本代表が3対0でガーナに完勝。しかし、今回は試合の勝ち負けではなく若き日本代表の被災地にパワー、ガーナ代表の心遣い、彼らの想いが被災地そして日本中の心を打ちました。Twitterでもガーナ代表へ感謝と感動の声が溢れています。

熊本からお返事が!

スタジアムは温かな空気に包まれました。

そして、試合後スタジアムに響き渡る『頑張れ熊本コール』アウェイ側のゴール裏席に招待された熊本の子供たちは「ありがとう」コールで応酬。これは胸熱!

他にも感動のシーンがありました。日本代表の植田選手に、ガーナの選手が次々と記念撮影へ。実は、植田選手は大きな震災のあった熊本の出身なのです。ガーナの選手は、最後まで熊本を気遣っていることが伝わってきます。

日本代表の手倉森監督も『熊本で被災に遭っている方々に、我々がパワーを届けるんだ。そんな覚悟を試合で示せと選手たちに話した。みんな見事にやってくれたと思う。』とコメント。この監督の想いにも応えた日本代表。両代表の気持ちは熊本・日本中を温かな気持ちにしてくれたのではないでしょうか。

Thanks for reading to the end.

オススメ記事も合わせてどうぞ♪

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

主にスポットライトで書かせて頂いています。
ありがとうございます。
Twitterアカウント開設しました。
よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス