中東にあるイスラム共和制国家として知られるイラン。2500年の歴史を誇るイランは、その昔は美しい国であったと言われています。ところが1979年イラン・イスラム革命以降は混乱と内戦が続き、今や宗教上の最高権力を持つとされる指導者により「イスラム共和制」が樹立された国となりました。

イスラム法に基づく厳しい死刑制度がある国

Licensed by gettyimages ®

国の統治者かつイスラム聖職者、ルーホッラー・ホメイニーにより厳しい死刑制度が定められているイラン。イスラム教の破棄や改宗をした者には死罪を適用すべきという人権を無視した主張の下、この国では未成年犯罪による死刑も数多く執行されており、世界の人権団体が抗議活動をしています。

イランで死刑が適用される犯罪とは

Licensed by gettyimages ®

無神論者も同様、定められた宗教以外を信仰する者には容赦なく死罪を適用。その他、姦通罪、同性愛、麻薬、殺人といった犯罪に関わる者を18歳未満であれ死刑執行するという国、イラン。未成年者による死刑執行を行う国は、事実上世界中でイランだけなのです。

更には、犯してもいない罪により逮捕され死刑を言い渡されるというケースも決して少なくないそう。記憶に新しいのが2011年に逮捕された当時17歳のサマン・ナシームの一件。彼は反政府活動をし革命防衛隊のメンバーを死亡させたとして逮捕され死刑判決を受けました。ところがこれは全くの無実だったのです。

95日間の拷問により自白を強要

Licensed by gettyimages ®

サマンは暗くて狭い独房に押し込められ95日間拷問を受け続けました。その間、家族にも弁護人にも一切会うことはできなかったそう。そして自白を強要されられた後、死刑判決を受けたのです。実は裁判長までもがサマンの死刑判決に肩を持ったのです。

2015年に執行される予定だったサマンの死刑は、国際人権団体の厳しい抗議により今は延期状態となっています。問題は、このような死刑判決を受けるのはイランではサマンだけではないということなのです。

90年以降、世界で最も多く未成年者を死刑にしてきた国

Licensed by gettyimages ®

犯罪を犯した者への罰として与えられている死刑制度。日本でもそれに対し賛否両論は尽きることがありません。人が人を裁ける立場なのかどうか、また人が裁かなければ誰が社会の規律を正していくのか、死刑制度に関しては堂々巡りの永遠の法のテーマともいえるでしょう。

それでも、「更生できる可能性が十分ある未成年者に対する死刑は不適切」として国際人権団体はこのイランの死刑制度を強く批判。更には無罪の未成年者、そして「純潔を犯した」などという罪で死刑判決を受け、絞首刑になった22歳の女性もいます。

あらゆる「人権」を無視したイランの法には誰もが疑問を抱かざるを得ないのではないでしょうか。イスラム教という宗教にのっとった法律は、人を不幸にしかしないのではないかという気持ちが否めません。

「無罪なら死刑の後、天国に行ける」

Licensed by gettyimages ®

また、裁判官自身も「もし死刑判決を受けた者が無罪であるならば、死刑のあと天国に行けるだろう」という信じがたい発言をしています。ある容疑者が薬物に関連した罪で逮捕され、死刑判決を受けた際に「どうして犯してもいない罪で死刑にされなければいけないのか」という問いに裁判官がこのように答えたのですから、空いた口が塞がりません。

死刑を反対とするか賛成とするかという質問には、正直筆者は答えられません。もし、自分の愛する家族を失うことが起きれば、きっとその相手を憎むでしょう。人が人を裁くことが本来間違っていることだとしても、相手を死刑にしてほしいと望むでしょう。

家族を奪われた遺族からすれば、判決は綺麗ごとでは済まされないのです。法に守られて刑務所暮らしをして出所してきた犯人を「更生できた」と満足するのはもしかしたら更生に関わった一部の人だけかも知れないのです。

そういう点では、筆者は死刑判決に絶対反対とはいえません。ですが、イランのように死刑執行のスピードも早く無罪の人を巻き込み裁判官までもが人権を無視するというのは、国自体に歪みがある証拠ではないでしょうか。

イスラム教という人に多大な影響を与える宗教によりコントロールされているといっても過言ではない国、イラン。今後もこの限度を超えた死刑制度に人権団体は抗議を続けていくことでしょう。人の命に尊厳を持って扱われる日がこの国にいつか来るのでしょうか。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • 社会問題
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • 美容、健康
  • カルチャー
  • ファッション
  • コラム
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら