記事提供:messy

今月11日、ミュージシャンでタレントのDAIGOが自身のブログにて、L'Arc~en~Cielのhyde(ソロ名義はHYDE、本稿ではHYDE表記で統一する)から誕生日祝いをしてもらった様子を明かし、「こんなに素敵な方と出逢えて本当によかった」と感激の言葉を綴っている。

これには「HYDEはルックスも中身も男前だな」「HYDEは意外と気さくだからな」と、HYDEに対し続々と称賛の声が上がっている。

今月7日、HYDEとOblivion DustのK.A.ZによるユニットVAMPSはZepp福岡の閉館を華々しく彩るライブ「ZEPP FUKUOKA THE FINAL PARTY」を行い、ここにサプライスゲストとして、DAIGOとゴールデンボンバーの喜矢武豊が出演した。

これはHYDEが呼んだものであり、HYDEは「本当に忙しいのによく来てくれた」とDAIGOに感謝を伝え、さらにライブの打ち上げではHYDEが用意したという「ハッピーウエディング&バースデイ DAIGO」と書かれたケーキが登場したのだった。

DAIGOは感激し「逢えて幸せですという想いしかありません。こんなに素敵な方と出逢えて本当によかったっていつも思っています!披露宴でも唄っていただき本当に感動でした!一生ついていきます!」とブログでHYDEへの愛を綴った。

彼らはDAIGOが無名時代からの仲。

当時、HYDEはDAIGOの楽曲を聴き「どの曲もめちゃくちゃ良い」「なんで売れないんだろう」とDAIGOを勇気づけていたそうだ。

HYDEを師匠とあがめるDAIGOはそれから完全にHYDEの虜に。

HYDEからもらったグローブを“元”友達の狩野英孝に自慢したり、24時間テレビの企画でマラソンを走り切った際には「HYDEさん!やりました!ご褒美に抱きしめてください!」とおねだりをしていた。

「HYDEはL'Arc~en~Cielというダークなバンドのイメージや、かっこよすぎる見た目から、一般の人から『冷たそう』『暗そう』と思われがちですが、そんなことはなく、非常に交友関係が広いのが魅力の1つでもあります。

HYDEを尊敬しているDAIGOやゴールデンボンバーのメンバー、またAcid Black Cherryのボーカルyasuからも慕われ、黒夢の清春とはインディーズ時代から今も続く仲。

XJAPANの故・hideとはHYDEが『紛らわしくてすいません』と謝ったなんて逸話もあるんです。最近ではONE OK ROCKのTakaの誕生日を祝う姿もインスタグラムであげていました」(芸能ライター)

また、HYDEの交友関係はミュージシャンだけに限らず、本郷奏多やNEWSの手越祐也のことも可愛がっており、子役時代の映画共演からHYDEを慕っている本郷は「お泊り」する関係。

HYDEを神と崇める手越とはiPhoneケースがお揃いだったり、一緒にスノーボードにいったり、マンツーマンで飲みに行ったりもするのだそうだ。

「このようにHYDEが幅広い交友関係を築けるのは、尊敬されているからというのはもちろんありますが、HYDE自身が気さくな人柄だということが大きく関係していると思います。

人見知りなためテレビでは物静かですが、昔やっていたラジオでは、関西弁で大喜利などをして明るく話す声が印象的でした。

また雑誌ではデビルマンの人形が可愛くて抱いて寝ていると告白したこともあったり、ライブのMCでは自身の身長が低いことをネタにして、『二階席とか、小さいHYDEがさらに小さく見えるやろ?』なんて言って笑いをとったこともあります」(同)

幼い頃には、よく女性と間違われたというHYDE。今も変わらず美しく、多くの男性から異常なまでに愛されているが、彼らはHYDEのルックスの美しさだけではなく、心の美しさにも魅了されているのだろう。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス