記事提供:カラパイア

もし東日本大震災の被災者が今自分の家に戻ったら…。

日本在住のフランス人写真家ギヨーム・ブレッションとカルロス・アジェスタは現在の福島県浪江町と、町民たちの姿を撮影し、記録・発信している。

“Retrace our steps…”(歩んだ跡を辿る…)と題されたこのシリーズでは、通っていた学校や営んでいた店、住まいなど、被災者本人たちが被災前の平凡な日常を再現している。

1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.

8.

9.

10.

11.

12.

13.

14.

15.

16.

17.

18.

19.

20.

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス