■道に直接描かれた「路面標示」

制限速度を表すものや、「Uターン禁止」「止まれ」という様に注意を促すものなど、道路には実に様々な表示が描かれています。基本的には見たその瞬間に意味が通じる物が多いですが、中には「なんだコレ??」となってしまうような標示も。

先日もTwitterで岡山にしか無いと言われるある路面標示が話題になりました。

その標示がこちら

「★合図」と書かれた路面標示。確かにはじめてみましたね。

実はこれ…

ウインカー点滅開始を示す星印のマーキングを行い、ドライバーに対してはマークよりも手前でウインカーを点灯させる意味がある

出典 http://response.jp

ウインカー(方向指示器)を出さずに道を曲がることの多い岡山県民に対し、ウインカー点灯を促す標示だったようです。

直進すると思っていたクルマがいきなり減速して曲がり始めるなど、岡山には他県ドライバーに予測できない運転を行うドライバーが多く、これを起因とする事故も多発している

出典 http://response.jp

2005年に岡山県で開催される国体を前にして、県内のドライバーにより安全を意識させる事を目的で設置されたものらしいですよ。


このように、特定地方でしか見られない「路面標識」は意外に多いようです。そんな珍しい「路面標識」をまとめてみました。

■珍しい路面標識まとめ

①出合頭!

これも岡山県のものらしいです。出合い頭に注意しろということですかね。

②岡山の「★合図」と同じ意味ですが…

こちらは香川県のもの。瀬戸内海を挟んで隣接する岡山県と香川県は、交通マナーが悪いとされているらしいです。だから同じ様なマークが有るんですね。

③金沢での標示

自転車を追い越すのはダメ!というものでしょうか。

④×とl

私鉄に多いらしいですよ。余り見かけませんね。

⑤そのまま進め

過去に踏切があった場所。まだ線路を撤去していないせいで、線路前で一時停止しないように促しているようです。

⑥急勾配アーン??

ああ、角度的に「アーン」に空見してしまいましたが、「アリ」ですね。

⑦あ!

「デザインあ」を思い出してしまうのは私だけでは無いはず。

同じような標示は他のところにも

出典 https://twitter.com

出典 https://twitter.com

分かりやすくていいですね。

⑧患

患者専用の駐車スペースという意味でしょうか。

⑨カラフル!

確かにかわいいですね。でも、見とれちゃいそう…

⑩ゾーン30

「抜け道として利用されやすい通学路などの生活道路を最高速度30キロに制限し、路側帯を新設したりカラー舗装したりして運転者に伝える取り組み」のようです。つまり30キロ制限を表しているんですね。

⑪わかるけど雑!

ガタガタです…

■番外編

地ビール!?

道の駅の駐車場内の標示なわけですね。納得。

トマト

イラズラは止めましょうね。

この記事を書いたユーザー

ももかん このユーザーの他の記事を見る

なるべく波風立てないように生きる事が信条の30代(♂)です。軽い気持ちで読める記事を心がけたいと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • インターネット
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス