記事提供:Techinsight

HKT48指原莉乃AKB48グループの現役メンバーとして初めてバラエティ番組『しゃべくり007』に出演した。

彼女は事前に「なんかもう指原が女の一番嫌いな部分というか、そんな感じの部分が出てしまって」「自分でも見るのが怖いです…」と気弱にツイートしていたが、蓋を開ければ見せ場を連発する。

なかでもトークの上手さには視聴者から「神がかっている」と反響があったほどだ。

5月16日、『しゃべくり007 2時間スペシャル』(日本テレビ系)の放送直前まで『指原莉乃(345__chan)ツイッター』にて

「みてほしいような、ほしくないような?笑 この収録の前後が忙しくて、疲れていて…」「擁護も批判もせずにみてください」とつぶやいていた指原莉乃

放送後も「自分の一番嫌な、ダメな部分が出ちゃいました。反省」とその気持ちは変わっていない。だが、そのような状況で臨んだことによって“タレント指原莉乃”の集大成とも言える内容となった。

番組中「思ったことは言ってしまう」と自ら認めていたように、好きな芸能人の顔のタイプを「山崎賢人福士蒼汰」と即答してMCの上田晋也を呆れさせる。

さらに「乳輪の色とかは言いたくない」と言いながら、真面目なドキュメンタリー番組風の設定でトークすると上田に「乳輪の色は?」と問われ「ライトベージュ」と返して笑わせた。

そんな彼女の姿に「指原ってフリートークまじで神がかってる…」というツイートも見受けられる。

堀内健から「ブス!」を連発された彼女が「ひどーい!」と涙を流した時には『しゃべくり007』のレギュラー陣もさすがに慌ててしまう。

実は観覧客の女性陣が堀内のブス攻撃を「えー!」と批判したことから「守ってくれたのが嬉しくて」思わず涙したのが真相だという。

さすがに涙は計算ではないだろうが、そうやってスタジオが指原莉乃のペースになっていった。

また、登場シーンから座っている間も姿勢を保ち美脚をアピールする姿が見事だった。タイツのデニールで女性の性格を読むだけに、自身の脚にもかなり気を使っていることが分かる。

なによりHKT48やAKB48のエピソードがほとんどないトークでこれだけ盛り上げるのだから、タレントとして存在感を示したようなものである。

一方では、ネットで“指原莉乃”と検索した際に第2検索ワードで“スキャンダル”と出ることを気にしており、「スキャンダルが消えるまで頑張りたい」と『AKB48選抜総選挙』の2連覇に意欲を見せた。

アイドルからタレントへ、今後の方向性を決める意味でも6月18日の開票イベントには注目だ。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス