世の中には医学の力では解決できないミステリーが存在します。パキスタンに「ソーラーキッズ」と呼ばれる子供たちがいるのをご存知でしょうか。9歳と13歳の兄弟は、太陽が出ている昼間はごく普通の子供のように活動的なのですが、太陽が沈むと話すことも歩くこともできなくなり寝たきりの植物状態になってしまうのです。

出典 https://www.youtube.com

バルチスタン州在住のショエイブ君(13歳)とアブドゥル君(9歳)の兄弟は、まるで太陽光をエネルギー源にしているかのように、日中光を浴びている時には元気で日が沈む夕方からは全くエネルギーが無くなり、寝たきりの状態になってしまうという非常に不可解な奇病を患っています。

そして翌日陽が昇るとまた体が何事もなかったように動き出すのです。この症状は医学の専門家でも首を捻るほどで原因は全くわかっていません。今、検査段階の兄弟ですがひょっとしたら自然に関わりがあるのではとある研究者は、兄弟が住む村の土や空気を採取して調査中なんだとか。

ショエイブ君とアブドゥル君には幼い1歳の弟がいるのですが、この弟も同じ症状を患っているのだそう。日が沈むと同時に子供たちの皮膚には鳥肌が立ち、全身の力が抜けてしまうという状態に。

父親のムハマドさんによると娘2人とあと1人の息子はこの症状が全くみられないのだとか。貧困生活を送っている家族には、都心の大きな病院での検査を受けるだけの資金がなく、苦しい状況なのだそう。

元気な時には他の子供たちと全く変わらないアブドゥル君とショエイブ君。大きくなった教師になりたい、イスラムの法学者になりたいと夢を語る姿は奇病を患っているようには全く見えません。

「村の呪い」と噂する人も…

出典 https://www.youtube.com

パキスタンではいとこ同士の結婚など、昔から近親相姦による婚姻が多いと言われています。その「呪い」がかかっているのではないかと村の一部では囁かれているこの一家。幸運にもメディアに知られることとなり、密着取材を条件に兄弟の治療費をあるテレビ局が出すということになったそう。

欧米の病院へサンプルを輸送することに

血液や脳のレントゲン、DNAなどあらゆる角度から検査する予定が立っているというショエイブ君とアブドゥル君。家がある村から遠く離れたパキスタンの首都イスラマバードの研究所でも検査が行われる計画だそうで、ゆくゆくはサンプルが欧米の有名病院で検査されることにもなるかも知れないということです。

太陽光で生きている「ソーラーキッズ」と村の人たちに言われるようになった兄弟。今後はテレビの取材が彼らの生活を少し息苦しいものにしてしまうかも知れません。でも、貧困一家にとっては、原因のわからない奇病を抱えて過ごすよりは、お金を出してもらえるなら検査を受けさせたいというのが正直なところでしょう。

治療法が見つかることを祈って…

出典 https://www.youtube.com

世界に例のないこの病。遺伝性のものなのか、はたまた医学では説明のつかない「呪い」によるものなのか今のところは検査を待つしかないようです。近親相姦で生まれて来た子供は、少なからず身体に何らかの障がいを持つケースが多いことは周知の事実。それでもまだまだ絶えることがないというのは、パキスタンという国の悲しき文化でしょう。

少なくとも、二人の兄弟の病の原因がはっきりして夜も普通の子供と同じように元気でいられるように治療法が見つかることを願う筆者です。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • 社会問題
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • 美容、健康
  • カルチャー
  • ファッション
  • コラム
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら