出典Corepics VOF/Shutterstock.com

初夏の訪れで、俄然やりたくなるのが屋外のレジャーではないでしょうか?特に最近では定番のBBQを始めとして、野外の音楽フェス、キャンプやトレッキング、ピクニックなど屋外で楽しむ機会が増えてきていますよね。

青空の下、汗を流し、友だちや気になる女の子をさそって一緒に過ごすのはいつもとは違う楽しさがいっぱい!

楽しいアウトドアが、落とし穴になることも!?

出典Aaron Amat/Shutterstock.com

日常の会社・学校やレストランなどで会うのと違い、普段では見られない姿が見られるのもアウトドアの楽しみのひとつ。

普段おとなしい男性が率先してBBQしたり、汗を流しながら遊んだりする姿は、いい意味でのギャップを生み出し、夏に向けて恋愛がギュインと進むきっかけになることも。

でも、いつもの威勢の良さとは違いアウトドアでは頼りなかったり、女の子の手伝いもせずふざけていたりすると評価がダダ落ち。“寒い夏”を迎えるハメになることも。

いつもと違う状況に上手に対応できるか、男の真価が問われるのがアウトドアなんです!(大げさ?いえいえ、結構ガチで女性は見ているもの!)

そこで今回は、アウトドアで一目置かれるデキる男が用意しておきたい「+α」な気遣いを紹介します。

1. 敷物や雨具にもなる“ゴミ袋”は多めに

出典eladora/Shutterstock.com

「毎回、持っていくと地味に感謝されるのが70L以上のゴミ袋。本来の使い方はもちろんのこと、敷物が足りないときに敷物として使えて座る場所を作ってあげられます」(32歳/男性)

「ゴミ袋多めに持っていた人が、荷物をまとめてくれました。屋外で遊んでいるときの荷物置き場まで気を使ってくれるのは嬉しいです」(26歳/女性)

「子どももくる集まりのとき、飽きてきたらゴミ袋が役立ちます。中に空気を入れてしばれば大きなバルーンに!これで子どもと一緒に遊んでいると、女の子からの評価が高いんです(笑)」(27歳/男性)

出典Spotlight編集部調べ

大量に持っていって損のないゴミ袋は意外な便利グッズ!中には、雨が降ってきたときに雨具がわりにするという強者も。

かさばるものではないですし、多めに持っていくと喜ばれそうですね。

2. 陽気な雰囲気に音楽を楽しむなら“ボウル”!?

出典Gts/Shutterstock.com

「グラスやボウルがあれば、その中に音楽プレーヤーを入れるとスピーカーがわりになるんです。音が反響して結構キレイですよ」(31歳/男性)

「小さなスピーカーより、音が響いてびっくり!その場にあるものを活かした感じがちょっとかっこ良く見えました」(29歳/女性)

出典Spotlight編集部調べ

海外の裏技サイトから人気が出たと言うこの簡単スピーカー。実際に試してみると、音が響き本当にスピーカー代わりになることがわかりました。

BBQなど楽しい雰囲気をより盛り上げるのに音楽は欠かせませんよね。とはいえ、大きなスピーカーを持って行くのは手間…というときにぜひ使ってみてくださいね♪

3. 折り曲げられるのが便利な“針金ハンガー”

出典Wasan Ritthawon/Shutterstock.com

「折り曲げられるから、色々使えて便利なんです。輪にしてレジ袋をかければゴミ箱に。去年、キャンプにいったときに友だちがやってたんで今年はマネします」(27歳/男性)

「BBQをしていると、タオルをテーブルの上に置いたためにすぐグッショリしちゃうことも。先日いったBBQでタオルをハンガーに掛けている人がいて気が使えていいなって思いました」(31歳/女性)

出典Spotlight編集部調べ

アウトドアにハンガーという意外な答えが!自由に曲げられるので、発想によって活用の幅が広がるようですね。

4. 意外な盲点!女の子が喜ぶ“ソフトドリンク”

出典Zurijeta/Shutterstock.com

「アウトドアっていうとお酒ばっかり用意されているけど、お酒が飲めない人のコトも考えてソフトドリンクを用意してくれる人は素敵だなって思います」(28歳/女性)

「青空の下だと、酒もいいけど汗かいてスッキリしたもの飲みたくなるんで炭酸飲料とか買っておきます。毎回好評でソフトドリンク担当みたいになっていますが(笑)」(33歳/男性)

「子ども連れで遊びにいったとき、ソフトドリンクも用意されているとデキる人がいるなーと思います。特に、子どもも私も好きな炭酸飲料があると嬉しいですね」(34歳/女性)

出典Spotlight編集部調べ

アウトドアというと、お酒がお供のように感じがちですが、太陽にあたって汗をかいたあとはスッキリさわやかな飲み物が飲みたくなる気持ち、わかります!

汗をかいたあと、冷た〜い炭酸飲料をガブガブ飲む…子どものとき目一杯遊んだ夏休みを思い出すようなさわやかさがそこにはあるのではないでしょうか。

そんな、日本の夏を感じる飲み物といえば、子どもも大人も、安心しておいしく飲める三ツ矢サイダーをはずすわけにはいきませんよね。

さわやかな美味しさで人気の三ツ矢サイダーですが、みんなが集まるアウトドアだからこそ楽しめる方法があるのも選ばれる理由なんです。

三ツ矢サイダーだからできる、アレンジメニュー

BBQだったら、肉を焼いてみんなで一斉に食べるのも楽しいですが、キャンプのときにコレが作れたら、みんなから尊敬の眼差しで見られる…というメニューがあるんです。

それが、この柔らか角煮」。難しそうなこの料理も三ツ矢サイダーがあれば簡単に美味しくできちゃうんです。鍋に材料を入れてコトコト煮るだけだから、その間みんなと一緒に遊べるのも嬉しいポイントですね。

三ツ矢サイダーで柔らか角煮

材料(4人分)
・豚ばら肉(かたまり)…約700g
・生姜…1かけ
・八角…2かけ
・三ツ矢サイダー…350cc
・調味料 (水 500cc、酒 200cc、醤油 大5)

作り方
1.豚ばら肉は適当な大きさに切り、鍋に入れたらかぶる位の三ツ矢サイダーを注ぎ、生姜と八角を加えて約2時間煮る。2.柔らかくなったら水分は捨て、調味料を加えて味が染み込むまで煮込む。

出典 http://lo.ameba.jp

サイダーには適度な糖分と、肉を柔らかくする効果があるとのことで三ツ矢サイダーを入れると簡単に美味しく角煮ができるというわけなんです。

作っているときの三ツ矢サイダーを入れる瞬間&できあがったときの美味しさ、2度も注目をあびちゃいますね。

デキる男たるもの、女の子が喜ぶデザートも忘れてはいけません。

冷たくてさわやかなデザートがあったら、アウトドアする楽しみはよりいっそう増しますよね。

そんなときにあったら嬉しいメニューが、三ツ矢サイダーで作るフルーツパンチ、その名も「三ツ矢パンチ」!

作り方は簡単♪夏にぴったりなフルーツを食べやすくカットして器に入れます。フレッシュフルーツはもちろん、缶詰のフルーツや白玉なんかを入れても◎。

そして仕上げに、キンキンに冷やした三ツ矢サイダーをゆっくり注ぐだけ!見た目も鮮やかな真夏にピッタリなスイーツの出来上がりです。

さて、そのまま飲んでもおいしく、アレンジしても美味しくいただける三ツ矢サイダーの魅力とは一体何なのでしょうか?

夏の青空の下で飲みたい三ツ矢サイダーの魅力とは?

日本を代表する国民的炭酸飲料、三ツ矢サイダーのさわやかな美味しさは、いつ飲んでも楽しめますが、なんといっても夏!太陽の下で飲むという選択ははずせません。

すっきりしているのに、ほのかに甘く、適度にシュワシュワとした炭酸を感じるのどごしは、一度飲んだことがある人なら…この魅力、わかりますよね?

そんな三ツ矢サイダーが、長い間、さまざまな年代の人から愛されるのには“3つの約束”というものがあるようです。さて、その約束とは?

約束1. 磨かれた水にこだわる

出典Yuri Samsonov/Shutterstock.com

安心・安全、おいしさのために念入りにろ過し、ミネラル分(硬度)を一定範囲内(25±5mg/ℓ)に調整した「磨かれた水」を使ってつくられている三ツ矢サイダー。

ミネラル分を一定に保つことで、私たちが普段飲んでいる「軟水」に分類されるものに。口当たりのなめらかさは、こういった約束が理由のようです。

約束2. 香りにこだわる

出典Ekaterina_Minaeva/Shutterstock.com

三ツ矢サイダーは、レモンやライムなどの果実などから集めた香りを抽出して独自の配合をした「三ツ矢サイダーフレーバー」を生み出しました。最近では、果実や植物由来の原料などからできた香料のみをつかうことを実現。

さわやかで自然な香りは、こういったこだわりが生んだのですね。

約束3. 非加熱製法にこだわる

出典schankz/Shutterstock.com

三ツ矢サイダーは中味を熱で殺菌しない「熱を加えない製法」で作られています。これは、果汁や乳が入っている一般的な炭酸飲料では、熱で殺菌するのが主流な中、とても珍しいこと。

この「熱を加えない製法」で作ることで、あの忘れられないさわやかな味わいが生み出されるんだそう。

他にも、保存料不使用にこだわっていることも幅広い年齢層に、長きにわたり支持されている理由なんですね。

出典Syda Productions/Shutterstock.com

青空の下、焼いたお肉をほおばって目一杯遊んで汗かいて…三ツ矢サイダーをゴクゴク!こんなさわやかな楽しみは初夏ならではのものですよね。

アウトドアでのレジャーが一番盛り上がる季節がやってきました。外で飲む三ツ矢サイダーのさわやかな美味しさを感じつつ、素敵な夏をお迎えくださいね!

こちらも読まれています

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス