記事提供:CuRAZY

ネット上に広がる真偽不明のウワサ。そんなウワサを専門家や経験者に相談して、真相を確かめる新企画「ネットのウワサを真剣に調べてみた」。

第一弾は、「デブは餓死しない説」を検証します

にわかには信じがたいウワサですが、栄養を蓄えたものが脂肪であることを考えるとなくもないような気がします。

そこで、内科(消化器科・循環器科)など数名の専門医に相談してみました。その結果をまとめたものがこちら。

ウワサの真相を専門家に聞いてみた!

もしも太っている人が水のみで生活したらどうなるのでしょうか?

ガリガリに痩せるまで餓死することはないのか、それとも脂肪を蓄えた状態のまま餓死するのか。

専門医の回答はというと…。

そうなんです。ネットで事実のように唱えられていた「デブは餓死しない説」は大間違いだったんです!

体内で生成することができないビタミンやミネラルが不足することによって、いくら脂肪があっても栄養失調となります。水だけの場合、おおむね1ヶ月程で限界を迎えるそう。

ミネラルやビタミンに飢えて死んでしまうということから「デブはデブの状態で餓死する」が真実のようです。

脂肪は無意味?

では、体内で生成できないミネラルは経口補水液やスポーツドリンクで、ビタミンはサプリメントで摂取した場合はどうなのでしょうか。

その場合の専門医の回答がこちら!

仮に体重100キロで体脂肪率50%、体脂肪量50キロの人がいたとします。

一日の消費カロリーが3000キロカロリー、脂肪1キロのエネルギー量が7000キロカロリーで計算すると…。なんと117日!4か月近くも生きられる計算になるのです!

出典 http://curazy.com

もちろん確かめることなどできませんので、あくまでも理論上です。

脂肪がゼロになる前に感染症などで命を落とすリスクが急激に高まるそうですが、4か月近くまともな食事をしないで生きていられるとは驚異の能力です。

以上、「ネットのウワサを真剣に調べてみた」でした!

次回があるかどうかはこの記事の結果次第。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス