多くの人が利用する便利なサービス「Googleマップ」

出典 https://play.google.com

今や1,000万人以上もの人が利用しているGoogleマップ。

地図としての機能はもちろん、乗換案内やルート検索、まるで自分がその場にいるような感覚を味わえるストリートビューなど多くの機能をもったこのサービスには常日頃から大変お世話になっています。

しかし、このGoogleマップ、最新版で変更されたある機能に気が付いた人も多いのではないでしょうか?

そう、最新版のGoogleマップは声が違う…

Licensed by gettyimages ®

「運転モード」などで音声によるナビを行ってくれていた聞きなれたあの声。しかし、最新版では人間による音声ナビを終了し、新たに人工音声へ変更されたことで、ネットからは「ロボ声すぎる」「日本語が下手になった」など不満の声もあがっているようです。

Googleマップの中に居たあの優しそうなお姉さんはいったいどうしてしまったのか…?

多くの人が疑問に思う中、ネットでは”Googleマップの中の人”が自身のTwitterでお別れの挨拶を動画で投稿し話題になっているようです。

Googleマップで声を担当していた野口美穂さん

これまでGoogleマップの音声ナビを担当していたのは、英語フランス語バイリンガル司会/ナレーター/通訳/英語通訳案内士など様々な肩書きを持つ野口美穂さん。

『およそ300メートル先、左方向です』のお約束のフレーズで始まった今回の動画では、Googleマップユーザーに対して感謝の気持ちを述べた野口さん。

その後、動画が『目的地に到着しました。お疲れ様でした』と締めくくられると、多くのユーザーからは野口さんへ感謝のメッセージが寄せられることになりました。

あまりにも突然すぎる別れを受け入れられない人も多い

Licensed by gettyimages ®

懐かしいあの声。そして、まさか中の人がこんなにお綺麗な方だったとは…。

突然の出会いと別れに切なさが残る今回の一件には、野口さんとの別れを受け入れられないという人も少なくないようです。

しかし、Googleマップ以外にも様々な活動を行っている野口さん

出典 http://bilingualmc.jp

多くの人が大切なものを失ってしまったと感じている野口さんのGoogleマップ引退。

しかし、バイリンガルの司会だけでも、ウェディングから企業イベントまで、Googleマップ以外にも様々な活動を行っている野口さん。今後、こういった機会にまたあの声を聞く事ができるかもしれません。

Googleマップの声が変わってしまったことは残念ですが、また別の機会にその声に再開できる日を信じて…。

そしてまたいつの日かGoogleマップに帰ってきていただきたいですね。

この記事を書いたユーザー

amaneck このユーザーの他の記事を見る

記事を読んでいただきましてありがとうございます。ネットでちょこちょこ記事を書いている神奈川県在住の副業ライターです。個人的に気になったことをお伝えしていきますのでどうぞよろしくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス