記事提供:gooランキング

ちびまる子ちゃんの主人公は本当は「ももこ」という名前なのに「まる子」と呼ばれていますよね。この様にフルネームがあるはずなのによくわからなかったり、フルネームがあることすら知られていないキャラクターを調査してきました。

超有名キャラクターからこじつけ?というキャラクターまで。あなたがフルネームを知っているアニメキャラは登場するでしょうか。

知らなかった、キャラクターの意外なフルネームランキング

1位 木手 英一(キテレツ/キテレツ大百科)
2位 マリオ・マリオ(マリオ/マリオシリーズ)
3位 さくら すみれ(お母さん/ちびまる子ちゃん)
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位はキテレツ大百科より主人公のキテレツこと『木手 英一』(きて えいいち)が選ばれました。

将来はアメリカの大学に留学して勉強をしたいと考えているという、藤子不二雄作品の中では珍しい賢い系主人公。本名もなんだか賢そうですよね。

では何故ニックネームが「キテレツ」なのかというと、その元になっている人物の存在が。キテレツが尊敬している祖先で発明家の「キテレツ斎」が由来です。

祖先が残した『奇天烈大百科』の発明品を復元するのが現代の「キテレツ」の趣味。これがアニメ『キテレツ大百科』のストーリーとなっています。

2位は大人気スーパーマリオシリーズより『マリオ・マリオ』がランク・イン!「本名があったんだ…」と驚かずにはいられない衝撃の事実!

こちらは実写映画版でフルネームを決定する必要があった時に便宜上「マリオ・マリオ」と呼んでいたのがそのまま定着。

公式でも「マリオ・マリオが本名」と発言があったそうです。

ちなみにヒゲが生えていて見た目はオッサン風ですが、年齢は24~25歳くらいの設定。仕事は配管工をはじめ、レーサーなど様々な職業を体験していると言われています。

3位はちびまる子ちゃんから働き者のお母さん『さくら すみれ』に。

まず、まる子の本名が「ももこ」ということですら認知されているかどうか微妙な感じですが、お母さんはアニメの中でもほぼ「お母さん」としか呼ばれていないので、名前があったんだ!と思う方もいるのではないでしょうか。

まる子に対して怒ったりする様子から「すみれ」というとなんだかイメージが違うなぁと思いますが、若い時は清楚な美人だったそうでちょっとは納得できるのでは。

ちなみに旧姓は『小林』でまる子の父親ヒロシとは犬のフンを踏んでしまった靴を拭いてくれたから結婚したそうです。

いろいろツッコミしか出てこない設定はさすがちびまる子ちゃんだなといったところですね。

4位から46位のランキングを見ていただくと分かりますが、本名が知られていないキャクターってとっても多いんですね。

へえ~!と感心すること間違いなし。早速お友達にドヤ顔で教えてあげましょう!

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。

有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)

調査期間:2016年4月22日~2016年4月26日

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス