・ハグをする側される側?

Licensed by gettyimages ®

世の男性に質問です。あなたは女の子にハグをしたい側ですか?されたい側ですか?ぎゅっと抱きしめあいたいのには変わりはないですが、「したい」のか「されたい」のかというと難しいところがありますよね。

全く真逆の女の子二人とハグできるならどちらを選ぶか…そんな究極の選択を迫られるイラストが今話題になっています。

・その二人の女の子がこちら

出典 https://twitter.com

!?

・悩ましすぎる!

ど、どっちにしよう。どっちのシチュエーションも可愛すぎて迷っちゃう。

・この究極の選択に多くの人が悩む

あなたならどちらの子を選びますか。この究極の2択にたくさんの人が頭を悩ませました。ちょっと甘えたがりなツンデレ風の左の子か、甘えられるのが大好きな甘々な右の子か?この2択に答えを出した人達の反応を見ていきましょう。

・左の子がいい

料理が出来る男子は、左の子を選ぶ人が多いようです。作った料理をほめられてギュッてされたら最高ですね♪

・右の子がいい

ハグ要求してもらって甘えられる場面を想像したら右の子もたまらなく可愛いですね♪
普通は女の子に甘えられたい男性が多いようですが、料理に関しては女性にしてもらいたいと思ってる方が多いようで右の子の方が若干人気のようです。

・2択のはずなのに

Licensed by gettyimages ®

意見を聞くと右の子の回答の方が多いので、勝負はついたか!?と思われましたがなんと2択の領域からはみ出た、意外な回答が続々と寄せられました。それは意外にもこのイラストの確信をつく回答だったのです。

・この二人がくっつけばパーフェクト

!!

・どっちも欲しいけどどっちもいると2人で完結する

この女の子二人がくっつけば一件落着で自分の出る幕はないということに気づいてしまいました。

・百合(ゆり)とは…

Licensed by gettyimages ®

皆様、百合とは何のことを示すのかご存知でしょうか。ただのお花の名前ということではなく漫画やアニメの世界で百合というと女性の同性愛のことを指します。

百合(ゆり)とは、女性の同性愛のこと。また、それを題材とした各種作品。1990年代以降の日本の漫画、ライトノベル、アニメ、同人誌のジャンルをさすことが多いが、戦前の少女小説や一般のレズビアン文学、実写映画も含まれる場合がある。「ガールズラブ」「GL」とも称される。

語源は1970年代、男性同性愛者向けの雑誌『薔薇族』編集長の伊藤文學が、男性同性愛者を指す薔薇族の対義語として、百合族という言葉を提唱したことによると言われている。同誌には女性同性愛者の読者投稿コーナー「百合族の部屋」が設けられた。

出典 https://ja.wikipedia.org

・右と左の子のくっついた後のイラストを求む

ええええ。趣旨が変わってしまいました。自分がこんないい子たちを彼女にするのは無理だという気持ちと、あまりにも女の子二人の相性がよさそうで入る余地がなさそうという気持ちから2択の選択に至らなかった方も多いようでした。

これは意外な回答でしたね!

・他にもこんな珍回答も

Licensed by gettyimages ®

その他にもチラホラ珍回答が見られましたのでご紹介します。

・一緒に料理を作ってくれる子がいい

わかる!それわかる!
料理をするのでも、されるのでもなく一緒に料理を作ってハグしあうラブラブな感じがいいという方もいるでしょう。今回登場した2タイプの女の子よりさらに贅沢な選択ですね!

・右に料理を作ってもらいハグして、それを左に提供してハグしてもらう

二股かい!その気持ちわかりますが、反則ですよ!

・いかがでしたか。

Licensed by gettyimages ®

自分ならどちらの子を選択するか、想像すると面白いですね♪

・どっちの顔も出せる子がいる

今回ご紹介した二人の女の子の顔をどちらも出せる女性が世の中には存在しています。そんな女性と付き合えたとしたらあなたは真のリア充なのかもしれません。

この記事を書いたユーザー

PERUME このユーザーの他の記事を見る

考えさせられる話から面白い話まで…ジャンルにとらわれず自分の心に響いたことを伝えていければと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • エンタメ
  • 感動
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス