今夏の参院選に向けて自民党が参院選公認候補を公募する「オープンエントリー 2016」の投票結果が5月11日に発表され、男性デュオ「東京プリン」として活動していた伊藤ようすけ氏が最多投票を集めて1位通過、見事公認候補に決定しました。

伊藤ようすけ氏とは?

慶応義塾大学理工学部卒業後、山一証券、森永製菓のサラリーマンとして働く傍ら、シャインズ、東京プリンのユニット名でアーティスト活動を開始。3年前に心機一転で会社を辞め、現在、「日本には文化という資源がある」をスローガンに掲げ、政治家を志しています。

出典 http://profile.ameba.jp

1997年にヒットしたデビュー曲『携帯哀歌』が有名ですが、浜崎あゆみさんとのCM共演なども話題になりました。サラリーマンとアーティストという二足のわらじな活動も注目されています。

スローガンは「ライブで地方創生」

たとえば、大都市だけではなく、あの町この街どんなところでも、大きなライブを、ビッグイベントを開くことにできるようになれば、その経済効果はすごいもの。しかし現状では、火災予防条例による様々な規制があります。だからライブすらでいない街がある。

出典 http://www.itoyosuke.info

そんな伊藤ようすけ氏は、今年の夏に実施される参議院選に自民党から立候補を予定。

「ライブで地方創生」を掲げ、それを実現するために防災条例などの規制緩和を掲げています。

まさにアーティストならではの着眼点で、エンタメという視点から日本を元気にしたいという意気込みが伝わってきます。

多くの著名人や有名人も賛同!

出典 https://www.facebook.com

アーティストの浜崎あゆみさんや

安部首相の昭恵夫人やエイベックス・グループ・ホールディングスの松浦社長も伊藤氏を応援しています。

オープンエントリーとは?

昨年、11月1日よりスタートした自民党「オープンエントリー2016」とは、自民党が挑戦するこのインターネットを活用した新たな公募システム。

458名もの応募者の中から、書類審査と面接審査を経て選出された12名のファイナリストに対し、2016年4月1日から5月9日までネット投票及び、党員による郵便投票を実施しました。

伊藤氏はそこで見事最多得票数で1位通過し、公認候補に決定。
7月の選挙戦に向けて意欲をみせています。

いよいよ今年の7月10日に投開票が行われると見られる第24回参議院通常選挙。選挙に向けて各党からもさまざまな候補者が名乗りをあげていますが、ぜひそれぞれの候補者たちの掲げるスローガンに注目し、今まで以上に選挙に関心を持つように心がけたいものですね。

この記事を書いたユーザー

Ameba芸能人・有名人ブログ編集室 このユーザーの他の記事を見る

Ameba芸能人・有名人ブログのトレンド情報をまとめていきます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス