ウォータースライダーの季節まではまだちょっとありますが、今からチェックしておいていいに越したことはありません。千葉県・蓮沼ウォーターガーデンにあるウォータースライダー「スプラッシュシェイカー」が「世界最怖」だと評判です。年々、その怖さを更新しているウォータースライダー業界。いったいどんなスライダーなんでしょうか?

千葉県レクリエーション都市開発株式会社(所在地:千葉県山武市)が運営する、『蓮沼ウォーターガーデン』といえば、「怖いウォータースライダー」で有名です。特に2015年に誕生した「スプラッシュシェイカー」は”世界最怖”だという評判なのです。

従来のウォータースライダーはこんな感じ!

ウィザードスライダー

「ウィザードスライダー」というスライダー。マットを使って腹ばいになり、それほど高さがないスライダーを滑り降りるというもの。視線が低いだけに水面が迫ってくるようで結構怖いです。

渓流くだり

幅の広い水路を、2人乗りゴムボートにのって滑り降りるという「渓流くだり」。水路の幅が広いだけあって、ゴムボートがイレギュラーに揺れ、どちらへいくか分からない怖さがあります。

トルネードツイスト

「トルネードツイスト」は、漆黒の世界を滑りぬけます。チューブによって視界がさえぎられているので、皮膚感覚でしか今、自分はどうなっているのか察知することしか出来ず、恐怖を感じずにはいられません。

そして2015年7月「スプラッシュシェイカー」登場

そして2015年7月登場の「スプラッシュシェイカー」は漆黒の悪魔がお出迎え「トルネード」、虹の世界をかけぬける「レインボーチューブ」、大きなチューブの中を最強の横揺れ+急降下で進んでいく「ラトラー」、そして最後に待ち受ける巨大な壁を急上昇+急降下する「ブーメラン」と4つのスライダーを組み合わせた、全長182メートルの”世界最恐”のウォータースライダーです。

レインボーチューブ

トルネードツイストを滑りぬけると、こんどはサイケデリックな虹色の世界が視界に飛び込んできます。秒数にすると一瞬ですが、交感神経を刺激され、一種の興奮状態に陥ります。

ラトラー

そして「ラトラー」。太いチューブの中を滑りぬけるので、ゴムボートが左右前後に揺れて予期せぬ方向に進みます。普段、安全に守られた乗り物しか乗っていないせいか、自分の中で恐怖が増幅していきます。

ブーメラン

予期せぬ動きを繰り返し、やっと外に出たかと思うと、そこでゴムボートを待ち受けていたのは巨大なそそりたつ壁、「ブーメラン」でした。

水の勢いで一気に先端近くまで押し出されたかと思うと、しばし放物線を描き、こんどは重力の思うままに急降下。これはひょっとするとジェットコースターよりも体感速度は速いかも!

それでは動画でご覧ください!

出典 YouTube

4つのスライダーを組み合わせた「スプラッシュシェイカー」はやはり世界最怖のウォータースライダーですね。でも一度体験すると、その爽快感がくせになります。

蓮沼ウォーターガーデン 詳細

◇所在地 :289-1803 千葉県山武市蓮沼ホ368-1
◇開園日 :7月中旬~9月下旬
◇休園日 :現在のところ未定、例年は9月の平日に休日あり
◇時間  :9:00~17:00(7月平日および8月24日~9月23日)
      9:00~18:00(7月土日祝および8月1日~8月23日)
◇料金  :大人1,440円 高校生1,030円 小・中学生510円
      幼児(4歳以上)230円
◇アクセス:【車】圏央道松尾横芝ICより20分
      【電車】JR総武線松尾駅よりバスで10分
◇施設内容:合計17プール※その内、ウォータースライダーは5つ

いかがでしたか?今年もウォータースライダーの季節がやってきますね。蓮沼ウォーターガーデンは7月の中旬頃にオープン、9月下旬まで営業予定です。詳細はまだ発表されていませんが、オープン日が近づいてきたら、HPでチェックしてみてくださいね。

この記事を書いたユーザー

zuenmei このユーザーの他の記事を見る

公式ライター。食べること、踊ること、アジア大好きです。わかりやすい記事を目指します!よろしくお願い致します。instagram: https://www.instagram.com/zuenmei/

得意ジャンル
  • インテリア
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス