結婚間際に相手との喧嘩で「この結婚はなかったことに」と言われることほど傷つくことはないですよね。そんなドラマのような出来事が先日、ニューヨークで起こってしまいました。

直前に夫となる男性から婚約破棄

Licensed by gettyimages ®

ちょっとした喧嘩が思わぬ事態を招くとはこういうことではないでしょうか。米NY在住の中国人イル・サンさんは、愛する人に結婚式を破棄されるという悲惨な目に。まさに結婚式の直前だったこともあり、全て手配を終えてしまっていました。

ニューヨークの一等地で披露宴をする予定だったために約86万円の披露宴会場や予約してあるDJを断るにも遅すぎる。でもこのままキャンセル料を払うぐらいなら…そう思ったイルさんは、あることを思い付きました。

NYの貧困家庭の子供たちを招待

Licensed by gettyimages ®

イルさんは、10代のシングルマザーや低所得の家庭の子供、また施設の子供たちなどを招待し披露宴会場を子供たちと親のパーティー会場へと変更したのです。「家で一人で泣いているよりもずっといい。たくさんの子供たちが来てくれて、たくさん笑って素敵な1日になりました。」

アメリカの母の日に子供たちも大喜び!

Licensed by gettyimages ®

パーティーは5月8日の母の日に行われました。New York Life Insurance Companyの本社の保険数理士であり本社副社長でもあるイルさんは、社員に結婚破棄になったことを報告。そして子供たちのためのパーティーをすることを相談したのです。

当日はフェイスペイントをしてくれるアーティストやバルーンアーティストなどにも来てもらい、子供たちの好きな絵本を準備しカメラマンに写真も撮ってもらいました。

貧しい家の子供たちは、イルさんのサプライズに大喜び。母の日に、大好きなママにプレゼントをしたくてもできなかった子供がたくさんいたことでしょう。でもイルさんの思いやりのおかげで、子供たちもママと一緒に楽しむことができました。

イルさんの本来の目的だった披露宴とはなりませんでしたが、会場には子供たちの笑顔や賑やかな声が溢れた1日となったようです。

イルさんの思いやりが子供たちにも伝わるはず

Licensed by gettyimages ®

中国で育ち、アメリカの大学でエンジニアの修士課程を取得したイルさん。努力の結果として素晴らしい仕事に就くこともできました。そしていよいよ結婚という大きな人生のイベントを迎えようとした直前に、思わぬことから破綻になってしまったことはイルさんにとってとても辛かったことでしょう。

それでも自分の辛さを抑えて見知らぬ子供たちのために自分が払った結婚式のためのお金を使うという思いやりはなかなかできることではないのではないでしょうか。イルさんの温かい配慮はきっと子供たちにも伝わったはず。このパーティーに参加したママ達も子供たちに「誰かのために何かをする」という大切なことを教えるいいきっかけになったに違いありません。

子供たちもこの日を忘れることはないでしょう。優しい心を持つイルさんを心から愛し、添い遂げたいと願う男性がいつの日か現れ、幸せになって欲しいと願う筆者です。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス