記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
もしも愛犬が咳をしていたら、「風邪をひいたのかな?」と思いますか? 犬の咳は一般的に喉・気管・肺といった呼吸器の異常を示す症状のひとつですが、実は呼吸器以外の異常のサインであることもあります。

今回はこの犬の咳について、医師に解説していただきました。

咳の原因で考えられる病気とは?

まずは呼吸器に原因があって起こる咳について挙げてみましょう。

呼吸器は体にとって生きるために必要な空気の通り道なので、液体や異物が誤って入り込んでしまう(誤嚥・ごえん)と、からだの防御反応として吐きだそうとして咳は起こります。また、細菌やウイルス感染やアレルギー等何らかの原因で呼吸器のいずれかに炎症があったり、年をとった犬でよく遭遇する気管虚脱(気管を構成する軟骨が弱くなって物理的に空気の通り道が狭くなる病気)などが生じたりすると、空気の通りがうまくいかず咳として現れることがあります。さらに、冬の季節など空気が乾燥してくると喉や気管粘膜の水分が減り、それが刺激となって咳が出ることもあります。

以上をふまえて犬でよく遭遇する呼吸器が原因での咳は、

・誤嚥
・ウイルス感染(ジステンパー、ケンネルコフなど)による肺炎
・気管虚脱
・乾燥による違和感

が挙げられます。また、呼吸器以外の異常として最も注意するのは心血管系の異常が隠れているケースです。犬の気管や肺は心臓を包むように位置しているので、心不全を起こして大きくなった心臓が気管を圧迫すると咳の原因になります。また心臓と肺は血管でつながっていますが、心臓のポンプ機能が低下すると肺に水がたまり、咳の原因になります。

犬の咳の症状は人間とは違う?

よく人間での咳は「コンコン」と表現されますが犬での咳にはあまり当てはまらず、少しわかりにくいと感じる飼い主さんが多いようです。喉に何かつまって吐きだそうとしている、「ゲッゲッ」「カーッ」という音がするという訴えが咳であったケースもあります。気管虚脱という気管の病気の場合では、「ガーガー」とアヒルの鳴き声のような特徴的な音がします。また、咳を疑う場合ではそれが乾いた音か、湿った音かというのも大事なポイントです。

場合によっては施術が必要なことも! 咳の治療&予防は?

先に挙げたように咳といってもその原因には多くのバリエーションがあるため、まずはなぜ咳をしているのか大元の原因を調べ、まずはそれを治療することが基本的な方針になります。気管虚脱など、気管の構造上の異常の場合では手術が必要なこともあります。

しかし咳が続くことも体には大きな負担がかかるため、獣医師の判断で咳を止めることを優先して、咳止めを使うこともあります。

また、予防法ですが、ケンネルコフやジステンパーなどの感染症による咳は、ワクチンで予防できます。他の犬との接触が多かったり、感染症の流行地に旅行する機会が多かったりする場合は特に、獣医師と相談の上ワクチンを積極的に考えましょう。また空気が乾燥しやすい季節での室内飼いの場合には、室内の加湿が予防に役立つ場合があります。

≪いつまでも治らないその咳、実は大きな病気かも…≫
放っておくと危険!あなたの咳は大丈夫?診断はコチラ!

獣医師からのアドバイス

犬の咳は呼吸器の病気だけでなく全身の感染症や心臓の病気が原因で起こることもあるなど重要な病気のサインである場合がありますが、症状がわかりにくい場合があります。咳かな?と思う症状に出会った場合、それがいつからか、1日に何回か、どのようなタイミングで出るか、音の質(乾いた音、湿った音)はどうか、気付いた時から咳をする1日の総数は増えているかどうかというポイントを観察し、獣医師に早めに相談するようにしましょう。

また携帯電話などで咳をしている時の動画を撮っておくと診断の助けになるため、お勧めです。

(監修:Doctors Me 獣医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス