記事提供:Photrip

ケータイと並んで日本の通信網を支えている、移動体通信サービスのPHS。現在の日本では、ソフトバンクとウィルコム沖縄が「Y!mobile」ブランドでサービスを続けている。皆さんのなかにも、PHSを使用している人がいるのではないだろうか。

・絶対にPHSを持っていってはならない

そんなPHSだが、香港には絶対に持っていってはならない。香港内でPHSを使用したり、所持していると、条例違反として50000香港ドル(約70万円)以下の罰金、または2年間の禁固刑が科せられる場合があるからだ。

以下は、香港政府観光局のコメントである。

・香港政府観光局のコメント

「2016年5月10日以降、香港でのPHS機器の所有及び利用は全面禁止になります。

違反者は、50,000香港ドル以下の罰金または2年間の禁固刑を課される場合がありますのでご注意下さい。今回のPHS機器の全面禁止は、香港でのPHS利用者の減少に伴い、ライセンス免除が完全撤廃されるためです」

・PHSは家に置いていくのがベスト

たとえ日本の空港までPHSを使用し、香港に渡航してPHSを使用しなかったとしても、「あなたがPHSを香港国内に持ち込んだ」というだけで違反となる。

よって、香港に行く際にPHSは家に置いていくのがベストということになる。2016年5月10日以降、絶対に香港にPHSを持ち込んではならない。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス