記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
妊娠がわかり、辛いつわりや妊娠初期の不安感を乗り越えて、初めて赤ちゃんがお腹の中で動くのを感じるのは、本当に神秘的な、感動的な体験ですよね。
「お母さんになるんだなあ」ということが、また別のレベルで実感できる時でもあります。赤ちゃんからの、初めてのメッセージであるともいえますね。

今回は、激しい胎動についてご紹介したいと思います。

「胎動」を感じるのはいつ頃?

お腹の中の赤ちゃんは、妊娠8週頃から体や手足を動かせるようになります。
しかし、この時期はまだ赤ちゃんは小さいため、手足がお腹の壁に当たるのを感じることはなく、胎動として感じることはありません。

お腹の中で赤ちゃんがだんだん大きくなり、赤ちゃんの手足や体の動きが子宮壁からお母さんにも伝わるようになります。具体的には妊娠16週~23週頃から胎動として感じることができるようになります。

激しすぎる胎動は、大丈夫……?

胎動が感じられる頃になると、病院で「赤ちゃんが動くのが分かりますか? 動きが悪くなったり胎動を感じなくなったら受診してください。」などと言われることもあり、動きが少ないと不安になったり、逆に動きすぎるのも大丈夫かな、と思ったりするものですよね。

妊娠週数が進んでくると、赤ちゃんの足がお腹を蹴っているのが外から見えたりもして、こんなに動いているのはわたしの赤ちゃんだけ? などと心配になる妊婦さんもいらっしゃるかもしれません。

でも、大丈夫。胎動が激しいのは赤ちゃんがその場所にいて元気な印です。
ほかの赤ちゃんに比べて動きが激しくても、それは個人差であり、特に苦しがっているわけではないので心配はいりません。

妊娠後期になるとさらに動きは活発に!

妊娠も後期になってくると、赤ちゃんの体も大きくなり、だんだん起きている時間が長くなってきます。生まれてくる準備を始めているわけですね。

動きも最初はぽこっ、ぽこっというような、お腹に手を当てないと分からないようなものから、だんだんゴロゴロ転がるような動き、手足の曲げ伸ばしのような大きな動きなど、より具体的で、人間らしい動きに変化してきます。いずれも正常で、何ら問題はありません。

≪あなたはどれくらい「安産体質」なのでしょう≫
安産かどうかは予想できる!自分の安産度を調べてみるには

十分な休息をとることを忘れずに

胎動の激しい赤ちゃんの唯一の問題は、お母さんがきちんと休みがとれなくなるということ。
夜もお腹を蹴られて頻回に目が覚めてしまったり、日中も少し休もうと思ったらボコン! という胎動を感じたり。この落ち着かなさはちょっと独特で、なかなか説明しにくいものかもしれません。

対策としては、とにかくこまめに休息をとること。夜眠れなければ、日中少しでも横になって身体を休めましょう。特に胎動が激しく、お腹が張るときはまず休息。張りがおさまらない時は念のため病院に受診しましょうね。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら