・彼氏の浮気を防止せよ

Licensed by gettyimages ®

カップルなら相手の浮気は誰でも心配なものです。特に女性は彼氏が浮気していないか心配になる方が多いのではないでしょうか。

そんな中Twitterの機能を使い、彼氏の浮気心をチェックするとんでもない方法を編み出した方がいらっしゃいました。

1.可愛い女の子とツイートする彼氏

出典 https://twitter.com

Twitterで彼女ではない可愛い女の子と会話をし、「今度一緒に映画行きたいね」とデートに誘う彼。これは浮気では…!?Twitterの画面上の会話は彼女にはバレないように設定しているはずでした。しかし…

2.「誰だよ、ゆかぴって」

出典 https://twitter.com

突然背後から現れた彼女!Twitterの画面を覗き見ていたわけではなさそうなのですが、何故か彼女に女性のことがバレてしまいました。

3.詰め寄る彼女

出典 https://twitter.com

彼氏はなぜバレたのか理解できずに不思議に思います。「ゆかぴ」が誰なのか詰め寄る彼女、何とかごまかそうと彼氏は「職場の同僚」ということにしました。

4.「はい、嘘。ゆかぴは私。」

出典 https://twitter.com

なんと、「ゆかぴ」と名乗っていただけで中身は彼女自身だったのです!彼氏がずっと浮気だと思って会話していた相手は実は彼女だったのです。恐ろしや!

・そのあと彼はTwitterを退会した

この恐怖!彼氏はTwitterを思わず退会してしまったそうです。

・ホラー並みに怖い!

Licensed by gettyimages ®

これは男性にとってはホラー並みに怖い話ではないでしょうか。浮気相手が実は彼女自身だなって衝撃的な展開です。

・こわい

彼女にこんなことされちゃったらTwitterがトラウマになってしまいそうです。

・こんな女嫌

彼女の巧妙な罠にはまってしまった感がありますね。彼氏を信じることも大事。そこまでして浮気を防止したいのか…とあきれてしまう人もいるでしょう。

・もしこのままネタバレせずにデートまでいっていたら…

待ち合わせ場所にいったら彼女がいたなんてシチュエーションを想像したら恐ろしすぎます。間違いなく修羅場となることでしょう。

・副垢って何?

Licensed by gettyimages ®

今回のエピソードで登場した「副垢」とはいったいなんなのか。知らない方もいらっしゃると思いますので説明します。

副垢(ふくあか)とは、複アカウントの略記・誤変換から生まれたインターネット用語である。複垢、サブ垢とも言う。
メインで使っているアカウント(利用する権利)を「本垢(本アカウント)」と略するのに対し、同じ人間が別のアカウントを使うことを「副アカウント(副垢)」、複数のアカウントを使い分けることやその使い分けているアカウントのことを「複垢(複数アカウント)」と呼ぶ。誤変換を隠語のように使った、インターネットスラングの一つである。サブアカウントとも言う。

普通、サービスや機能を利用するのにアカウントは一つあれば十分であるので、複数のアカウントを取得する理由は不正な目的(一人一回限定のサービスを複数回受ける、他人になりすまして自作自演する等)であることが多い。

出典 http://dic.nicovideo.jp

Twitterで利用しているメインのアカウント以外に持っているサブのアカウントのことをネット上で「副垢」と呼ぶことがあります。通常は1つアカウントがあれば済みますが、様々な理由で副垢を作られる方もいらっしゃいます。

・42番目!?

彼女が42個もTwitterのアカウントを持っている事にも衝撃です。いったい他のアカウントは何に使っているのでしょうか。それを考えただけでもゾゾっとします。

・いいアイディア

Licensed by gettyimages ®

これに対し女性側はなかなかいい方法じゃないかと思われる方もいらっしゃいました。

・いい方法だ

彼氏が浮気するタイプの人なのかどうか、この方法を実践して確かめたいという方もいらっしゃるようです。ばれないように別の女性を装うなんてドキドキしますね。

・マンネリカップルにきく!?

長い間付き合っているとどうしても発生する浮気心…マンネリカップルに効く方法かもしれないと前向きにとらえる方もいらっしゃい明日。彼氏の気持ちを確かめられるという意味ではかなり効果的かもしれません。

・いかがでしたか。

Licensed by gettyimages ®

ここまでする彼女にビックリする方が多かったように思いますが、よく考えたら浮気をしようとしたうえにそれをごまかそうとする彼氏にも少し問題があるように思います。彼女が心配になってしまうのもわかる気がしますね。
なるべくならこういった方法を使わずに仲睦まじくいてほしいと思ってしまうお話でした。

この記事を書いたユーザー

PERUME このユーザーの他の記事を見る

考えさせられる話から面白い話まで…ジャンルにとらわれず自分の心に響いたことを伝えていければと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • エンタメ
  • 感動
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス