記事提供:conobie

気持ちのリセット、しましょう。

目次

・やさしい気持ちになれるエピソード

やさしい気持ちになれるエピソード

子育ては、毎日休みがありません。つい育児、家事、仕事などに追われてしまうもの。

そんな時は、心がささくれ立ってしまうこともありますね。

今回は、心があったかくなり、やさしい気持ちになれるエピソードをまとめました。

かっこいい男子高校生のやさしさに、思わずホロリ

電車という密閉された空間。

きっとたくさんの乗客が乗っていたことでしょう。

これは、成人であってもなかなか言えません。

高校生に拍手!

寝込んでいたわたしに、息子からのプレゼント

私が酷い気管支炎で寝込んでいたある日発達障害のある当時4歳の息子が意識朦朧としている私の枕元で何やらゴソゴソ…。

私はそのまま眠ってしまい、目が覚めると枕元に、小さな小さなおにぎりが置いてあった。私の好きなワカメおにぎり。

何日も食事がとれなかった私を心配して息子が作ってくれてた初めての料理。

自由奔放で、何考えてるのか分からなくて発達障害児の育児に悩んでいた時期だったから、成長と優しさを感じられて感動…。よし!頑張ろう!って思えた出来事でした。

出典 http://girlschannel.net

ふいをつかれた「ありがとう」に…

娘は3歳になったのですが、保育園に行ってて、先日参観日がありました。

1歳前から保育園にいってるので、参観日ももう何度も行ってます。

家にかえってから、晩御飯を食べてる時に、「今日は保育園にきてくれてありがとう」と御礼を言ってきたんです。

普段、夫が全くありがとうとか言わない人なのと、ふいをつかれたので、すごく感動しました。

それと同時に、促してもないのにありがとうが言える、なんて良い子に育ったんだと感動しました(笑)。

大した事ない話なんですけど、ありがとうを言われ慣れてないせいで、すごく動揺してしまいました!

出典 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

子育て中、こんな幸せないですか?

8歳の長女の寝癖頭を直してあげたあと、「お母さん、ありがとう」といわれたとき。

3歳の次女を叱ったあと、泣き止んでケロッと忘れ、TVかなんかを見て私にくっついてきて、ニッコリ笑って「お母さん、大好き」といわれたとき。

1歳1ヶ月の長男がトイレに行ってた私を必死で探して帰ってきたら全力で抱きついてきてニヤ~っと笑ったとき。

出典 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

「大変ね。頑張って」その一言が…

子ども二人を連れて、電車に乗る、そんな日常の行動が、お母さんにとってはとても大変なんです。

全てを経験された上の世代からの励ましの言葉は、時に、何よりの薬になりますね。

もうすぐお姉ちゃんになる、娘の一言に気合が入る

娘が8歳の時に下の子がお腹にできた。

その出産で陣痛に苦しんでるとき、娘が心配そうな顔して「私とお母さんの魂が入れかわれたら痛いのを代わってあげられるのに!」と号泣。

この子のように可愛い子どもをもう一人産むぞ!って気合いが入りました(笑)。

出典 http://girlschannel.net

店員さんだって、こんなにやさしい!

何かあれば周りがきっと助けてくれる、そんな社会

そして、子どもたちも成長していく

子育てにまつわる、心あたたまるエピソードをご紹介しました。

心に余裕が持てなくなった時、ぜひ心をリセットするために、周りの「やさしさ」を見渡してみてください。

これまで気づかなかったやさしさがあるのではないでしょうか。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス