シンガーソングライターの宇多田ヒカルさんが、5年4カ月の人間活動を経て再始動。

4月4日に発売された新曲の2曲は音楽チャートで1位&2位を獲得と首位を独占し、表現力をさらに増したヒカルさんの歌声が話題となっていますが、新曲についてはまだオフィシャルなコメントを公言していません。

そんな中、ファンからの質問に答えてくれる特別企画「ヒカルパイセンに聞け」がスタートしました。

まずは、「ファンとのコミュニケーション企画」を長い沈黙を破る場に選んだヒカルさんが素敵ですが、一体どんな質問に答えてくれているのでしょうか。早速チェックしていきましょう。

■2010年「人間活動」を宣言し活動休止

2010年8月、年内をもってアーティスト活動を無期限休止することを発表した宇多田さん。「来年から、しばらくの間は派手な『アーティスト活動』を止めて、『人間活動』に専念しようと思います」と宣言し、「2年になるか、5年になるか、わからないけど、一回り大きくなって帰ってくるから。少し時間をください」と、無期限で活動を休止しました。

「人間活動」について、「50歳くらいになったとき、マネージャーなしじゃ何もできない痛いおばさんにはなりたくなかった」「できればボランティアとか人と関わることようなことを外国でやりたい」「おばあちゃんになるまで生きたい。そのときは日本にいたい」と語った。

出典 https://ja.wikipedia.org

出典 http://www.utadahikaru.jp

最初に活動休止のニュースを聞いた時は相当な衝撃でしたが、2014年5月にはバーテンダーのイタリア人の一般男性と再婚、そして2015年7月には第一子の男児を出産と、その表情を見ても、とても充実した「人間活動」だった事が伺えます。

■おかえりなさい!5年4カ月ぶりに再始動

出典 http://www.utadahikaru.jp

NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の主題歌「花束を君に」、日本テレビ系報道番組『NEWS ZERO』の新エンディングテーマ「真夏の通り雨」を発表し、ついにヒカルさんが帰ってきてくれました。

そしてこの2曲は、iTunes Weeklyチャート(4/18~4/24)およびレコチョクの週間シングルランキングにて2週連続1位・2位という快挙を遂げました。

■「#ヒカルパイセンに聞け」第1弾公開!

出典 https://twitter.com

活動を再始動しているものの、新曲に関してオフィシャルなコメントを一切発言していなかったヒカルさんですが、その沈黙を破る特別企画「#ヒカルパイセンに聞け」がスタートしました。

この企画はファンとのコミュニケーションをWEB上で行おうというもので、ツイッターで、質問にハッシュタグ「#ヒカルパイセンに聞け」をつけてツイートすると、ご本人がファンの質問に答えてくれるという嬉し、楽しい企画。

そして昨夜、その第1弾が公開されました。

「待たせて悪かったな!」とヒカルさん。一体どんな質問に答えてくれたのでしょうか。

"ヒカルパイセン"の、オトコマエな回答にも注目です!

■息子くんに歌ってあげる日本の童謡は?

あーたんさんからの質問:息子くんに歌ってあげる日本の童謡って例えば何ですか?

▼ヒカルパイセンの回答

日本の童謡を全然知らなかったから少しずつ覚えて歌ってるぜ、「いぬのおまわりさん」「こいのぼり」「ずいずいずっころばし」「ぞうさん」「ももたろう」「いとまきのうた」などだぜ。俺のお気に入りは「ちょうちょう」と「あめふり」だ。「ちょうちょう」の一番と二番の歌詞がなぜ違う作家によるものなのか気になってるぜ。」

出典 http://www.utadahikaru.jp

ヒカルさんが気になっている「なぜ作家が違うのか」問題。一番は野村秋足さんですが、二番は稲垣千頴さんという全くの別人。三番と四番は1896年に追加されて作詞者は不明だそうです。ちなみに歌詞は、二番「スズメ」、三番「とんぼ」、四番「つばめ」と、ちょうちょとは全く無関係になっています。

■朝ご飯は何をよく食べてるの?

mo&meさんからの質問:朝ご飯何を良く食べますか?

▼ヒカルパイセンの回答

最近は息子の朝ご飯の残り物、アボカドやバナナやキノアのポリッジ、だぜ。」

出典 http://www.utadahikaru.jp

■お子さんが好きなおもちゃは?

rumi-rumiさんの質問:5歳の息子と"とと姉ちゃん"見ながら『花束を君に』を毎日唄ってます。初めは反応なかったのが『俺この歌好きになってきた』『一人で唄いたいから唄わないで!』とまでお気に入りに。そんな息子から質問。赤ちゃんはどんなおもちゃが好きですか?

▼ヒカルパイセンの回答

どんなおもちゃよりも、ペットボトルとか料理に使う銀のボウルとか、紙切れとかで遊ぶのが面白いみたいだぜ。」

出典 http://www.utadahikaru.jp

■好きなお酒とつまみは?

南雲さくらさんの質問:お好きなお酒とつまみはなんですか?海外だと日本のこれが恋しくなる!とかありますか。(納豆食べたい。富士山見たい。等)

▼ヒカルパイセンの回答

泥炭のきいたスコッチを氷なし、ほんの少しのお水で薄めて、塩味のチョコレートをゆっくり味わう。ん、最高だぜ。」

出典 http://www.utadahikaru.jp

ヒッキー、大人になりましたね~(笑)。

■初めて生で観たアーティストは?

yukiさんの質問:宇多田さんが 初めて生でご覧になったコンサート。 アーティストはどなたですか?

▼ヒカルパイセンの回答

藤圭子だぜ。

出典 http://www.utadahikaru.jp

■日本に帰って来て必ずする事は?

junsterさんの質問:日本に帰って来て必ずする事、コレだけは絶対するって事ありますか?

▼ヒカルパイセンの回答

馴染みの蕎麦屋のお座敷で一人でお蕎麦をいただくぜ。混んでない時は近くの本屋で買った漫画を読みながら少しだけ長居させてもらったり。うまく蕎麦を「ずるずるっ!」とすすれなくて他のお客さんの食べ方を見ながら練習してるのは内緒だぜ。」

出典 http://www.utadahikaru.jp

■活動休止前と復帰後で変わった事は?

narumiさんの質問:活動休止前と復帰後でご自身が感じる一番変わったこと、また変わらないことは何でしょうか?(^O^)

▼ヒカルパイセンの回答

前後の俺の歌を聴き比べるのが一番分かりやすいんじゃねーかな。」

出典 http://www.utadahikaru.jp

■早く寝る秘訣は?

mo&meさんの質問:早く眠る秘訣はありますか?

▼ヒカルパイセンの回答

「ケータイとパソコンを今すぐ消すんだ!」

出典 http://www.utadahikaru.jp

(笑)

■最近の口癖は?

mo&meさんの質問:最近の口癖は?

▼ヒカルパイセンの回答

「おいしょ」

出典 http://www.utadahikaru.jp

■喉のケア法は?

keikoさんの質問:ヒカルパイセン流、ノドのケアやノド痛くなってきたらこうするよーってこと教えてくださいー!

▼ヒカルパイセンの回答

あったかい塩水か、少し冷めた緑茶でうがいするぜ。」

出典 http://www.utadahikaru.jp

■"花束を君に"での息づかいはパイセンのですか!?

おかんはママさんの質問:花束を君にで使われている息づかいのような効果音は、本物の息づかいなのでしょうか?もしかしたら、パイセンの?!

▼ヒカルパイセンの回答

「俺のじゃなかったら誰のだってんだ!」

出典 http://www.utadahikaru.jp

(笑)

■ナーバスになった時どうやってバランス戻してる?

Yamamoto Shoichiさんの質問:ナーバスになっていると感じるときにどのようなことをされてバランスを戻しますか?

▼ヒカルパイセンの回答

毎日少しでもいいから、目を閉じて、何も考えずに何もせずにただじっとする時間を設けるぜ。作詞作曲に行き詰まった時もこれがかなり有効で、後でアイディアが湧くことがあるから俺としてはこれも大事な仕事だと思ってるんだが、ベッドでやってるから、端から見たらただの昼寝だぜ。」

出典 http://www.utadahikaru.jp

心を無にすることの大切さ。これは是非真似したいところですね。

■歌詞はいつどんな風に書いているの?

keikoさんの質問:真夏の通り雨の「思い出たちがふいに私を乱暴に掴んで離さない」の歌詞が私はすごく気持ちにぐっときました。ヒカルパイセンの歌詞はいつどの様にして書いてるのですか?

▼ヒカルパイセンの回答

本気で作詞に取り組み始めたら、24時間、文字通り、寝てようがシャワー浴びてようが誰かと会話してようが、とにかく常に頭のどこかで作詞してるぜ。他のことに少し気をとられてる状態がベストで、ひたすら外を歩いたり、バスに乗って窓の外を見てると捗るぜ。俺は一生懸命仕事してるんだが端から見たらただの移動中の人だぜ。」

出典 http://www.utadahikaru.jp

これはずっと聞きたかった質問でした。なんか感動。

■メロディーが先で、歌詞は後からタイプ?

計画通りさんさんの質問:メロディー先の歌詞後タイプなんですね。歌詞は日本語から作れるんですか?英語経由ですか?そこんとこ詳しく

▼ヒカルパイセンの回答

先に書いた歌詞に良いメロディーをつけられる人はすげーな。俺にとって音楽はメロディーなんだ。メロディーの延長線上に母音や子音が聴こえてきて、その母音や子音から言葉やイメージがわいてくる。メロディーによる制約は、歌詞を整理し直すか、メロディーや歌い回しを調整してどうにかするぜ。でも大概、メロディーにうまくハマらない歌詞は、あまり良い歌詞ではないんだ。

出典 http://www.utadahikaru.jp

音楽=メロディ。メロディの延長線上に母音や子音が聴こえてきて、そこから言葉やイメージが湧く。まさしく才能!凄すぎる。この質問をしてくれた計画通りさんに感謝です。

■作りたい曲と、共感されたい曲…

はなさんさんの質問:アーティストととして自分が作りたい曲を作りたいですか?みんなに共感されたい曲を作りたいですか?

▼ヒカルパイセンの回答

「それを両立させるのがプロなんじゃねーかな。」

出典 http://www.utadahikaru.jp

さすがの回答!

■今の心境を「30代は○○○○」で表すと?

Lapland⊿さんの質問:以前、「20代はイケイケ!」という配信ライブがありましたが、今の心境を「30代は○○○○!」で表すと何ですか?

▼ヒカルパイセンの回答

30代はほどほど。かな。面白そうだな、30代のうちに開催目指すか!

出典 http://www.utadahikaru.jp

「20代はイケイケ」懐かしいですね~!これはヒカルさんの20歳の誕生日である1月19日に行われたネットイベントで、チャットしたり質問したり、アコースティックによる生歌披露もありました。あの時、井上陽水さん「少年時代」のカバーには感動したなぁ。そして「30代はほどほど」ライブ、是非開催して頂きたいところです。

▼ここからは担当ディレクターからの質問

Q1:人間活動宣言から5年3ヶ月を経て、ついに本格的に活動が始動しました。待ち続けていたファンの方々にどんな言葉で、再始動した気持ちを伝えたいですか?

▼ヒカルパイセンの回答
「よっ!久しぶり!」

出典 http://www.utadahikaru.jp

Q2:2曲とも生楽器をメインにしたサウンドです。SINGLE COLLECTION VOL.2以降、こうしたアプローチの曲が増えていると感じます。何か理由があるのですか?

▼ヒカルパイセンの回答

「機械音を綿密にプログラミングして足し算、引き算、掛け算していく作業はすごく面白いんだ。でもテンポも音程もブレない、計算外のことが起きない世界に物足りさを感じるようになっちまってよ。生楽器を使うと自然な振り幅や余裕が生まれるし、なにより「空気の音」が加わるのが最高なんだ。(ほとんどミュージシャンの鼻息の音なのは内緒だぜ。)

昔から生楽器は好きだったけど、現場でのミュージシャンとのコミュニケーションが苦手で、一人でコンピュータの前に座ってアレンジするほうが思い通りになるし楽だったんだ。一緒に作業するのはよく知ってるアレンジャーかプログラマーくらいにして。

最近は、初対面のミュージシャンでも俺の希望やイメージを伝えることを苦に感じなくなったのさ。ちっ、俺もすっかり大人になっちまったな。

出典 http://www.utadahikaru.jp

Q3:TVで新曲を聴いた人たちから「声の印象が変わった」という意見がネット上で多く見られました。自分ではどう思いますか?

▼ヒカルパイセンの回答

「優しくなった」「暖かみが増した」「母性を感じる」っていう反響にビックリしたぜ。まあなんだ、母性うんぬんより、活動休止中に自分の発声方法を見直せたし、妊娠をきっかけに前より健康的な生活習慣も身についたし、赤ん坊に毎日、日本の童謡を歌ってるうちに日本語を丁寧に伸びやかに発声する癖がついたのかもしれねーな。

それと今回から新しいミクシングエンジニアで、前の人とはまた声の引き立て方が違うんだな。照れくせーからそういうことにしといてくれ。」

出典 http://www.utadahikaru.jp

Q4:一番気に入っている歌詞の一行はそれぞれ何ですか?

▼ヒカルパイセンの回答
「『花束を君に』では「世界中が雨の日も/君の笑顔が僕の太陽だったよ」
『真夏の通り雨』では「勝てぬ戦に息切らし/あなたに身を焦がした日々」かな。
両方とも、今の俺に精一杯の歌詞が書けたと思ってるぜ。

出典 http://www.utadahikaru.jp

「30代はほどほどライブ」の開催に期待!

出典 http://www.barks.jp

たくさんの質問に答えてくれたヒカルさん。心底感動しましたし、久しぶりのヒッキー節(?)は懐かしくもあり…。そして質問はまだまだ募集中です。皆さんもヒカルパイセンへ聞きたい事を、ツイッターにてハッシュタグ「#ヒカルパイセンに聞け」を付けて投稿されてみてはいかがでしょうか。

最後に、2000年に行なわれた初の全国ツアー「BOHEMIAN SUMMER 2000」の千葉マリンスタジアムで、生ヒッキーを初めて見た時の感動と、生の歌声を初めて聞いた時の震えは今でも忘れられません。

是非、「30代はほどほどライブ」を切望します。実現する事を願いつつ、今後の活動にも注目です。

この記事を書いたユーザー

苺いちえ このユーザーの他の記事を見る

Twitter、Facebookでのシェア大歓迎です♡よろしくお願いします♪

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス