記事提供:いいモノ調査隊

夏に向けて暖かくなってくると、ぐんぐんアウトドアな気分が盛り上がってくるという方も多いのではないでしょうか。かくいう筆者もその1人。

さて、アウトドアグッズもいろいろとありますが、今回は夜のキャンプやアウトドアで使えそうなアイテムをご紹介。

電池不要なランタン、「MPOWERD(エムパワード)」です。とくに注目してほしいところは、ビニール製の本体の中にLEDライトがついているという、なんとも斬新な形状をしているところです。

見てください、これがランタンになるんですよ!このペタンコな物体をビーチボールのように膨らませるとランタンに早変わりするのです。

ランタンがここまでペッタンコになるというのが驚きじゃないですか?なんと、空気を入れる前は約2.5cmと、かなりコンパクトに折りたためます。持ち運びに便利ですし保管にも場所をとりません。

しかもこのランタン、重さも100gと超軽量。

ランタンと言ってきましたが…実際のイメージとしては、ビニールでできた「提灯(ちょうちん)」という感じでしょうか。底には銀色の反射板がついていて、10個の白色LEDの光をさらに明るく後押しします。

空気を入れると、こんな感じに。

膨らます方法は、自分の息でOK。肺活量に自信がなくても簡単に膨らみます。どうしても抵抗がある人は、空気入れを使うとよいと思います。さて、電池不要と言いましたが、その秘密はこのソーラーパネルにあります。

ソーラーパネルは防水加工がされているので、ぬれても大丈夫!

ソーラーパネル部分を太陽光にあてて充電。

空気穴がある面とは反対側に、ソーラーパネルが付いています。直射日光に約8時間あてるとフル充電ができます(季節によって変動があるそうです)。フル充電すると、約6~12時間とかなりの長さで点灯できます。

もともとは電気が十分に普及していない国や地域のために開発されたもので、夜は点灯、昼は充電して毎日使えるようにと考えられています。

リチウム電池が内蔵されていて、電池交換の必要もとくにないそうですが、寿命としては約500サイクルの充放電が目安です。

弱・強・点滅の3つの点灯モードがあります。

上下にストラップが付いているので、つるして使えばその場ですぐに明かりが確保できちゃいます。そのうえ、防水仕様なのでぬれても問題なし。雨が降っていたって大丈夫。そして、とても軽いので水に浮かべることも可能。

お風呂に浮かべて、リラックスバスタイムを楽しむのもよさそう。

火を使わないし、キャンプやアウトドアなどの外での使用にはもってこいです。クリアのほかにカラーバージョンもあるので、色付きランタンなら、夜のパーティーの演出にも使えそうです。

ほかに、災害時の用途に適した「エムパワード エマージ」もあります。

かなりぬらしても問題ナシ。

なんと、一度満タンに充電した後に1年放置しても、約4時間は点灯できるというかなりスゴイところも。もし災害時に停電してしまった時も、フル充電後のエムパワードがあれば、約4時間は明かりを確保できます。

そして昼間に太陽の光が8時間あれば、その日の夜は12時間の明かりを安全に確保することが可能です。筆者はさっそく、マイ防災セットにくわえました。

価格は激安…というわけではないのですが、その価値は十分にあると思います!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス