記事提供:長谷川豊 公式ブログ

舛添さんの話。

一連の舛添さんの問題に関しては、毎週23時からAbemaTVFRESH!にて放送中の私の公式チャンネル「本気論・本音論TV」でも申し上げた通りで、私の基本的な姿勢や考え方は堀江貴文さんとほとんど同じです。

まず、ファーストクラスやスイートルームの問題。

これは「TOKYO」という大都市の名目GDPをしっかりと見て頂きたいのです。

「TOKYO」は世界の国々の中に入れても、192か国もある世界中の国の中で上から10番目の規模の「超都市」です。

これはもう「イチ、地方都市」ではありません。絶対にその認識は違います。そこまでの権力を持ってしまっていると、テロの対象にもなりますし、そもそも、そんな国々のトップがビジネスクラスで移動してますかって話。

みんな、政府専用機で動きます。何を低レベルな話をしているのか。感情論の極みです。

庶民派をアピールするのは悪くないとは思いますが、余りに話が小さすぎて情けなくなりました。

公用車を使っていた問題も同じです。

堀江氏が「些末な問題だ」と切って捨てていましたが、全く同じ心境です。こんなもの、次からやめろよ、でいい話。大体、週末は自由に時間を使っていいのは当たり前です。

アメリカ大統領であっても、休日はしっかりと取りますし、そんな休日まで四の五の言うものではありません。公用車を使うのは、もしもの時に「動く知事室になる」という話でしたが、これもその通り。橋下氏が認めている通りです。

しかし、5月11日に発売となる週刊文春さんのスクープ。これはまずい。これは確実にまずい。

先述したように、公用車の問題などはほとんど「イチャモン」のレベルの話です。しかし、その程度のことを文春さんが書くか…?私は、GW号が出てすぐに、都政記者クラブをはじめとする、都政や舛添さんに詳しい方々にヒアリングを開始しました。

すると、すぐに想像通りの答えが返ってきました。

「第2弾は確実に出るらしい」

「文春はかなり長い時間、丁寧な裏取りをしているという情報がある」

しかし、私が聞けたのは「湯河原に行っていたのが女関係だ」とか「都の税金を私物化していて…」と言った眉唾のものばかりでした。そしてふたを開けてみれば、さすがと言うか、やはりというか…。

そう来たか、文春。

ストーリーは簡単です。まずは

1. あえて「イチャモンレベル」の話(公用車の話)を充てる。
2. 舛添さんに、意気揚々と「違法ではない」「合法の範囲」と逆ギレさせる。
3. それらの時間を稼ぐためにあえて時間の取れるGW合併号にぶっこむ。
4. その上で…「政治資金規正法違反」という本丸を攻撃する。

記事の通りで、政治資金規正法違反は刑事罰の対象です。もし、これがアウトだった場合…舛添氏は都知事の座から引き下される可能性が出てきました。

それだけではありません。「公民権(こうみんけん)」っていうんですが、選挙に参加する権利を奪われる可能性が出てくるんですね。何を言ってるかというと、今回の文春が放ったバズーカ砲は、実は甘利さんに放ったのと同じレベルの特大砲であって…。

舛添さんのクビを取りに来たんです。文春さんは。

相変わらず恐ろしいというか痛快というか…。特に政治取材を何年もしてきた身として感心したのが、あえて「温泉に行って『家族と来ていた』」という言質(げんち)を取っている点です。

解説します。

舛添さんの今回の件、ほっといたらすぐに上手いこと言い訳されて逃げられてしまう内容なのです。まず最初に考え付く言い訳が、山尾志桜里さんと同じパターンですね。

「秘書が勝手にやったんです~」

という言い訳。そうです。政治家連中の十八番ですね。いつもこのパターン。で、証拠がないだろって開き直るの。ちなみに週刊新潮さんは山尾さんの一件でここを攻め切れていなかったので、私は、

「山尾さんは秘書のせいにして逃げますよ」とかなり早い段階で予言できたわけです。当たったでしょ?あれ、よくあるパターンなのです。

しかし、文春さんはこれをちゃんと知っていた。ここが憎い。

実際に温泉までいき、しっかりとした『家族で来ていた』という言質を取った場合…、

「秘書、関係ないじゃん。家族旅行じゃん」という突っこみが出来てしまうのです。

また、もう一つ考えられる言い訳の代表パターンが…、

「家族といましたが、温泉で実際に入念に都政について話し合っていたんです~」

という「無理やり会議だったと言い張る」パターンです。舛添さんの公用車の話はこれですね。

「公用車はね、動く知事室なんです」の名言。いや、ただの公私混合なんだけれど、政治家って、こういう恥ずかしいレベルの言い訳を堂々と出来るようになってやっと一人前だったりします。

これも、文春さんの取材によって厳しくなっています。子供たちと都政の話は温泉でしなくてもいいと言えます。つまり…今回問題とされている政党交付金に「国民の税金」が投入されている以上…、

舛添さん、かなり高い確率でアウトと予想せざるを得ません。

ちなみに、かなり多くのお方が思ってらっしゃるであろう「いや、大メディアの記者たちは何をやってたんだ!(怒)」という声には明確にお答えしておきます。

怒ってないんです。記者たち。

????

何言ってるの?と思われるかもしれませんが、私のキャスターを努めているニュース番組『ニュースリアル』でもお伝えしたところですが、その時の女性記者さん(←超可愛い)のコメントがあまりにもアレ過ぎたのでそのまま記します。どうか察してください。

長谷川「都政記者クラブのみなさんとか、追及したり怒ってらっしゃらないんでしょうか?」

美人記者さん「いえ、実は舛添さんは『とてもよくやってらっしゃる』というのが都庁職員たちにとっての認識だったのです。

実は、先代・先々代の石原さん・猪瀬さんは都庁に来ること自体がとても少なく、来ても週に2・3日。しかも、午後からのんびり登庁、というのが普通だったのです。

それに引き換え、舛添さんは毎日、平日は朝から登庁されていました。登庁すればいいと言う訳ではありませんが、今までに比べればずっとマシ、という認識があったかもしれません」

お…おう…(汗)。

久しぶりに、どこから突っこんでいいか分からないリポートでした。なんなの?その…「浮気しまくるDV男と別れた後、新しくできた彼氏も浮気はするけれどDVまではしてこないからまぁいっか」的な感覚。

ハードル低すぎだろ、おい(泣)。

しかも、この美人記者さん、続いて「なんだか裏切られた思いです」とおっしゃるので、意味を聞いたところ…、

「舛添さんは毎週、金曜日に定例の記者会見をしていました。しかし、毎週、2時半くらいになると『次の予定がありますので』と一方的に質問があっても記者会見を打ち切られていたのです。

今にして思うと、あの後、公用車で湯河原に行っていたのか、と…。これは担当記者として残念な思いがしました」

美人記者さん、私はあなたと結婚したい。そしてわがまま放題をした挙句、全部「残念な思いです」で許してほしい。うちの嫁さんなら…(以下自主規制)。

東京都民の皆さん、私、千葉に住んでいるのでまぁほっときますけどね、皆さんが納めてる税金ですからね?ちょっと、色々と考えた方がいいと思いますよ?

さて、金曜日に会見をするとかしないとか言ってますけれど、皆さんご存知の通りで、必死になって言い訳を考えているわけですが、果たしてそんなことは通用するかどうか。

適当なセコい言い訳を考えたところで、文春さんがそれを放置してくれるかどうか。

新潮さんも頑張っていますし、毎週木曜日が楽しみでしょうがなくなってきました。これは本当に素晴らしいことだと思います。

さて、舛添さん、夏まで持つかどうか…。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス