記事提供:まぐまぐニュース!

海外在住の日本人がリレー形式でコラムを配信する無料メルマガ『出たっきり邦人【アジア編】』。

今回は先日行われた「フィリピン大統領選挙」についての現地レポートが届きました。その超過激な発言から「フィリピン版トランプ」と揶揄されながら、みごと新大統領の座を射止めたロドリゴ・ドゥテルテ氏とは、いったいどんな人物なのでしょうか?

統一選挙 でた~フィリピン人

フィリピン統一選挙。大統領含めフィリピン議会上院下院、市長、地方議会など1万8,000以上もの議席が国民直接投票で選ばれる。

長期独裁政権を敷き、国政を私物化したとして1986年の「ピープルパワー政変」で失脚したマルコス大統領以降、大統領の再選を禁じ、基本任期は6年、地方では任期3年、同一の職は最大3期9年までしか許さないと定められた。

なぜ基本かというと、かの俳優大統領エストラーダ政権時、エドサ革命2とやらを起こし、

エストラーダをマラカニアン宮殿より追い出し勝手に(だって、まだ弾劾裁判途中だったわけで)大統領宣言をした当時副大統領だったアロヨさんが、

結局エストラーダの任期残り分プラス、次の大統領戦で当選となったため実質6年以上務めている場合があったからだ(でもこれってきちんとした法的手続きを踏んでないわけで、一部では無効だったといわれてますけどね。

現にエストラーダはずっと「自分はまだ大統領だ!」って言い張ってたし)。

この大統領選挙。まあ立候補は自由なんだが、今回はどうやら130人が立候補したらしい。もちろん多くが全くそぐわない連中なので、結局早々に絞られてきた。

教会の前に捨てられていた捨て子で、その後「キング」という愛称で親しまれた超有名俳優の養女として育ったグレースポー上院議員

ものすごい治安が悪かったダバオ市でデッカイバイクを乗り回し、私設処刑団さえ使ったという噂までたったが、実際治安を劇的に向上させたダーティー・ハリーの異名をもつドゥテルテ・ダバオ市長。

現職のアキノ大統領から後継者氏名を受けた、爺さんが元大統領というサラブレット、ロハス前内務自治長官。

マニラマカティ市元市長で一族がマカティ市の要職を占めるビナイ副大統領。

それぞれ、

「清廉だが出自不明」

豪腕だが独裁

「エリートだが坊ちゃん」

「生え抜きだが汚職政治家」

評価と批判両方で報じられていたがまあこの辺だろうと言われていた。

「普通は絶対選ばれないだろう」と思われていた人物が!

しかし、このドゥテルテは、フィリピン版トランプ氏を言われるほどその過激言動で有名でして、「南シナ海の中国人工島にフィリピンの旗を立てる!」とか「大統領に選ばれれば犯罪者10万人を処刑してマニラ湾に投げ捨てる」とか、

「麻薬業者や強盗や事なかれ主義者は失せろ!私が殺してやる!」とか、まあ派手に選挙戦をやっておった。

まあ普通はね、これは選ばないだろうというところだが、フィリピン大統領戦は人気投票的なところがあるんで、有り得ない話じゃないんだよな~なんて笑っておったわけなんだが…。

開票速報、ドゥテルテほぼ当確!!

マジかよ…。

全部の開票が終わるのはまだ先なんだが、まあ恐らくそうなるんだろう。他の候補者、敗北宣言しちゃってるし…。

も~フィリピン人ってば…。

ちなみに副大統領、優勢がフェルディナンド・マルコス氏。そう、あの独裁政権で失脚したマルコス大統領と靴3,000足のイメルダ夫人の息子である(彼自身の評判は悪く無いみたいだが)。

結局貧窮にあえぐ国民マジョリティーが汚職や犯罪減らない社会の救世主を極端路線に求め、すでに過去のものとなった独裁政権時代の強い指導力に希望をもったということなのか。

もういいや、頑張れフィリピン!なんとかなる!…か?

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス