日本人にとって、春を感じる事が出来る大きな楽しみの1つが桜の開花。毎年、桜の季節になるとSNSにも数多くの桜の花の写真が投稿されます。桜のその美しさに感動しているのは、日本人だけではないようです。

東京を拠点に活躍する写真家のダニロ・ブンゴ(Danilo Dungo)さんは、桜の美しさに魅せられて、毎年桜の季節になると井の頭公園へ行って桜を撮影しているのだそうです。

今回、とあるものを使って撮影した井の頭公園の桜の風景があまりに美しいと海外で大評判になっているのでご紹介します。

そう、あるものとはドローン。ドローンを使い上空から撮影された井の頭公園の桜の景色が圧巻の美しさなのです。深い緑の中、咲いている桜の濃淡と水に浮かぶ桜の美しさ、花見の場所取り用に敷かれたブルーシートさえも上空から見ると鮮やかな風景の一部となっています。

井の頭公園の桜は、毎年ニュースなどでも紹介されますが、この写真では、私たちの見慣れたその風景とは全く違う新しい顔を見る事ができますね。

その他にも、井の頭公園で撮られた写真はどれも圧巻の風景!

これらの写真が海外のサイトで紹介されると、あまりの美しさに感嘆のコメントが殺到しました。

「なんて美しい!まるで別世界だわ」「なんてゴージャスなんだ」「まるでおとぎの国みたいね」「日本に行くなら桜の季節に行ってみたいわ!」「信じられない。本当に美しい」など、その美しさに驚きと感動する人が多い様です。

日本人なら誰もが親しんできている、儚く美しい桜の花。ダニロさんの写真は、私達の知っている桜とはまた違った目線でその美しさを捉えています。

今年の桜はいよいよクライマックス、北海道では今、桜の季節です。ダニロさんの素晴らしい写真を見ていると、また来年の桜が今からもう待ち遠しくなってしまいますね。

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

愛犬と一緒に、海を眺めながら暮らしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス