ゴールデンボンバー 鬼龍院翔さん

ゴールデンボンバーのボーカルであり、作詞作曲も全て行っている鬼龍院翔さん。ゴールデンボンバーの曲は彼から生まれているのです。そんな鬼龍院さんが、先日声帯にポリープが出来ている事をブログで発表されました。


ファンの皆様へ一応のお知らせを


今月声帯の小さなポリープを切除する手術をします。

この小さなポリープは、喉の病気になった3年半前から既にあったもので、
それ以来大きくも小さくもなっていません。

声帯の真っ直ぐさをじっくりしっかり診てもらったのは病気になってからなので3年半前の喉の病気になった頃に出来たポリープなのかそれ以前からあったのかはわかりません。

この声帯の小さな膨らみ(ポリープ)に関しては先生曰く、この程度なら歌唱にあまり影響は無い、とのことでリハビリに取り組んでいました。

3年半前に発症した僕の喉の病気は喉の筋肉の異常な硬直によるもの(器質的異常に基づかない発声障害・ジストニアのようなもの)なので声帯の小さな膨らみとは無関係のものです。

長期のリハビリによって僕の声はだんだん調子が戻ってきて、やっと最近は生き生きと歌えるようになりました\(^-^)/

出典 http://ameblo.jp

3年半以上前から鬼龍院さんの喉にはポリープがあったのですね。大きくも小さくもなっていないという事すが、”ポリープ”と聞くと心配が先に立ってしまいますね。

先生と話し合い、
長期のツアーも始まるし、歌の仕事の期間が空くので声帯を真っ直ぐにしておこうかなと思い、手術を決めました。


声帯がより真っ直ぐになることで今までよりもよりコントロールの効く喉になることも願って。


初めての入院、初めての全身麻酔です((('-')))


でも、もっとより良い歌を、ずっと歌って行くためと考えると何も怖いものは無いです!


どうかファンの皆様御安心をm(_ _)m

出典 http://ameblo.jp

突然の報告に戸惑ってしまったファンも多いでしょうが、鬼龍院さんの誠意のある報告は「大切な手術の事を伝える」というだけでなく、「ファンに安心してほしい」という想いが込められており、人柄の良さを感じることが出来ますね。

3年半前の発症から、声帯のリハビリも行ってきたという鬼龍院さん。最近は生き生き歌うことが出来るようになったそうですが、これから先も歌手活動を続けていく上で、ポリープ手術を決めたのでしょう。

手術は「無事に終わりました」

声帯の手術、無事に終わりました。
手術後、数時間安静にしてしばらくしてあらためて声帯をスコープでのぞき診察してもらいました
取ってもらおうとしたポリープは、とても小さな膨らみで、繊細な技術を要する手術だったとは思うのですが、
見事なまでに僕の声帯は綺麗に真っ直ぐになっていました。
手術を終えた先生曰く、
上手くいった、手術の感覚としてベスト。
悪い経過になる可能性は全く感じません。

とのこと。


本当にありがたい( ; ; )

手術が無事に終わって、鬼龍院さんも安心されたことでしょう。ファンの方も、胸をなで下ろすことが出来たのではないでしょうか。

術後のダブル点滴これで栄養が補給されるって不思議だなぁ




色々ありましたが、
何よりも声帯の手術が上手くいったことが嬉しいです。



応援して下さったファンの皆様、治療をして下さった駒澤先生、スタッフの皆様

本当にありがとうございました


声帯の皮が張るまでしっかり安静にしてケアしますm(_ _)m

出典 http://ameblo.jp

手術後に意識が戻り「手術終わりましたよ」と言われた際に、思わず「え?」と発してしまったという鬼龍院さん。しばらくは発声をすることも出来ないようですが、しっかりと安静にして、また素敵な歌声を届けてほしいですね。

ファンからも安堵のコメントが寄せられています。

手術無事終わって成功して良かった\(^o^)/

大丈夫だと思いましたがもし万が一のことがあったらと…そんなことを思ったらたまんなかったです(´・ω・`)

本当に無事終わって良かった(^-^)(^-^)

信頼している先生だから不安もなく手術にのぞめて良かった(^-^)(^-^)

これでライブでおもいっきり歌えますね\(^皿^)/アァァアァア~~♪

出典 http://ameblo.jp

本当に本当に本当に無事に手術が済んで良かったです。お疲れ様でした。
腕の良い信頼できる先生に巡り合えて感謝ですね。

しばらくは、先生の言うことをよく聞いてくれぐれも安静にしていて下さい。

はあ~良かった‼︎

出典 http://ameblo.jp

「手術が無事に終わった」
1番聞きたかった報告有難う!!本当によかった。。

でもね、ごめんなさい、まだ心配してます。
時々でよいからブログアップしてください。

出典 http://ameblo.jp

何より、鬼龍院さん本人からの報告で安心できたというファンも多いようですが、まだまだ心配だという声も!しっかりと安静にして、完全復活を果たしてほしいですね。

そして、鬼龍院さんがポリープの手術よりも「おおごと」だと語られている、「ジストニア」とはどのような病気なのでしょうか。

ポリープの手術というとどうしてもおおごとみたいに見えますが、
3年半前に発症した種類の発声障害のほうが何十倍も厄介で歌手生命が終わるか終わらないかのおおごとです。

腕の良い先生にやってもらえるなら声帯のポリープを切除する手術は世間の人が思うよりあまり心配するほどのことではないと僕は思います。

出典 http://ameblo.jp

ジストニアとは・・?

器質的異常に基づかない発声障害を発症してからありとあらゆるものを調べたり話を聞いたり歌手や医者に相談したりしてわかってきました、喉仏を下げた太めの声で歌う歌手に多いこととか、忙しく歌っている時に発症する例が多いとか。

出典 http://ameblo.jp

まさに、ゴールデンボンバーとしての活動が忙しい時期に発症してしまった鬼龍院さん。喉を使い過ぎてしまったのでしょうか。

ジストニアとは体のどこか1箇所を繰り返して使うと、脳内の神経の回路が肥大化し、その脳が指令する部位が曲がったり、震えてしまうこと。

歌手はメンタルがやられて声が出なくなる(発声障害になる)んじゃなくて、
今までのような声が出なくなって(発声障害になって)、ハッキリした原因もわからず藁をも掴むように巷で喉に良いとされる色々なことを試しても効果が無く歌声が悪化していき自信を無くし傷つきストレスものしかかり、メンタルがやられるんです。

出典 http://ameblo.jp

はっきりとした原因は解明されていないというジストニアという病気。歌で人を勇気づけたり、幸せを届けてくれる歌手の方が思うように歌うことが出来ず、苦しむという現実はあまり周知されていませんが、喉をたくさん使う分、ダメージを受けてしまうケースもあるのですね。

鬼龍院さんはいい先生と出会えたからこそ、3年半前から担当してくださっている先生に今回の手術もお願いしたそうです。信頼してお願いすることが出来るという安心感も大きかったことでしょう。

6月からは全国ツアーがスタート!

出典 http://sound.jp

6月から来年の2月まで、長期の全国ツアーが開催されます。この全国ツアーを見据えて、手術に踏み切ったようなので、生き生きと歌う鬼龍院さんを、これからも応援していきたいですね。

こちらの記事も読まれています。

この記事を書いたユーザー

nano このユーザーの他の記事を見る

話題作りが出来るような新鮮な情報を発信していきます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス