記事提供:conobie

子どもたちをお風呂に入れる気力がなく、どうにかならないか、と考えたある夜のはなし。

疲れ果てていたある日の夜。

(これから子どもたちをお風呂に入れないと…)

えーっと…

まずは温まるデショ、それから一旦上がって、洗う。流す。そして再び温まる。

この後のお風呂業務を脳内シミュレーションしただけで

とても億劫(おっくう)。

やる気ゼロだったわたし。

どうにかならないものか…。

あ…。そうだ…。

ふふふ。と、思いつきまして。

わたくし、お風呂場へ。

そしておもむろに、ボディソープを、プシュー。

それからお湯を、ジャバババババーッ。

億劫なお風呂タイムに向けてテンションを上げようと、泡風呂を作ってみました。

子どもたち、大喜び。

いつもは口うるさく催促されてやっとこさ風呂場に来る子どもたちが、この日は自ら進んで、あっという間にすっぽんぽん。

ノリノリです。

特に、いちばん上のにーちゃん(小3)がハッスル!

普段はカラスの行水状態な長男が、この日はニコニコとお風呂に使って喜ぶ姿をみて、母もおのずと気分が上がります。

泡風呂、イイじゃな~い!

なんてしているとそのうちに、泡が消えて…。

(ボディソープでつくる、なんちゃって泡風呂ですからねぇ…汗)

その度に

「泡立てろーーー!!」

とばっしゃばっしゃ、やって

泡を復活させる(笑)

数分前の、息も絶え絶えだったワタシが、嘘のよう。

それはそれは、楽しいお風呂タイムでした。

バッシャバッシャ・あわわ、とそれぞれに遊んで、最後に浮かんでみたりして。↓

これで洗ったってことにしよ~!と、仕上げにシャワーをかけてお風呂、終了!

おもしろかった~~~!

完全なる思いつきでやってみたボディソープでつくる泡風呂。

想像以上に盛り上がりました。

気づいたら、1時間もお風呂に入っていました!(笑)

たまにはこんな日もいいな~と思った、ある夜のお風呂タイムのはなしでした。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス