記事提供:cataso

子供達が毎日のように持ち帰るプリント類。学校や幼稚園だけでなく、習い事や子供会など様々なお知らせがあり、整理や保管が必要になってきます。

すぐに提出するもの、保管しておきたいもの、色々混ざっているので悩ましいですね。クリアファイルを使って、種類別に簡単に整理する方法をご紹介します。

■1. クリアファイルを用意!ラベル+マスキングテープを

カテゴリ別にクリアファイルを用意します。例えば、小学校、子供会など、あまり細かくせず、最大で5つ位までにしておくと良いでしょう。

クリアファイルには、ラベルを付ける、更にマスキングテープなどで、色分けしておくと、取り出しやすくなります。この時、保管した時に見えるようなところ、端の方に付けるようにして下さい。

ちなみに、我が家は小学生と保育園児の子供が2人いるので、「小学校」「保育園」「こども会」「習い事」の4つに分けています。

■2. プリントの仕分けは、受け取ったタイミングで

子供からプリントを受け取ったら、内容を読んで確認しながら、すぐに仕分けてしまいましょう。次の3つを目安にしてみて下さい。

【1】読んだら終わり、のプリントは捨てる
【2】提出物を記入する
【3】今後必要になるプリントは、クリアファイルへ

■3. 残すプリントは「手前から日付が近い」順に

なんでもファイルせず、今後読む機会がある“必要なプリントだけ”をクリアファイルに入れていきます。

この時、日付が近いものを手前にくるように入れて、年間行事などは一番後ろにしておきます。こうしておくと、プリントを探す時に見当をつけやすく、欲しいプリントが見つかりやすくなりますよ。

また、古いプリントがいつまでも残っている、といった状態を防ぐには、新しくプリントを保管するタイミングで、不要になったプリントが無いかをさっと確認し、あれば破棄する、といった手順を意識すると良いでしょう。

■4. クリアファイルは立てて保管

紙類は上に積まず、立てて保管しましょう。横にラベルをつけたことで、種類がすぐ分かり、見たいときにもさっと取り出せるようになっていますよね。

またプリントのクリアファイルの置き場所は、普段よく目に付く場所、そのプリントを見る人が使いやすい場所を探して、しっかり置き場所を決めておきましょう。

本棚の一角でもいいですし、キッチンの端に薄型のファイルボックスを置いてもコンパクトに収まりますよ。

クリアファイルを使って整理する方法は、人によって合う、合わないがあるかもしれません。ただ、身近にあるファイリング用品なので手軽に始めて試してみるのも良いと思います。

プリント整理で、一番重要なのは捨てるルールを決めておくこと。必要なものだけが残るようにし、知りたい情報をすぐに取り出せる状態にしておきたいですね。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス