記事提供:秒刊SUNDAY

2005年に日本の愛知県で世界万博が開かれました。

大阪万博、つくば万博などに続く日本の博覧会ということで大きな話題となったのですが、いささかその後の話題性が大阪万博ほどなかったのだが、マスコットとして残っていた「モリゾー・キッコロ」はしばらく人気でした。

最近のゆるキャラがでるまでは。

ということで愛・地球博の跡地「愛・地球博記念公園(モリコロパーク)」に行ってきました。跡地ということで、万博で利用した広大なエリアと一部残された施設が楽しめます。しかしそこで衝撃的な事実を目の当たりにしてしまうのです。早速ご覧頂きたい。

その前にまずは施設の紹介。

施設内には子供が遊べる公園や、一部万博から残された施設、そしてミニ遊園地などがあります。水場の施設は新設され夏場は子どもたちの憩いの場所となりそうです。

観覧車からは当時の万博っぽい雰囲気が楽しめます。白い建物は「わんパク宝島・ロボットステーション」として使われてましたが現在は「愛知県児童総合センター」として子供の知育施設となっております。

あまりに広大なのでバスでも移動可能(無料)。

ちなみに園内も無料です。

こちらは当時万博にあった「グローバルループ」この回廊のおかげで広大なエリアを難なく移動できたのですが、これが殆どなくなったので移動はかなり辛い。

この風景は当時を思い出します。

多少老朽化しておりますが、グローバルループは今後も残して欲しいですね。

愛知県民のみなさん、がんばってください。

モリコロはいませんでしたが、このようなモニュメントがあります。

そして本題、衝撃的な「絵」が目の前に飛び込んできました。

2005年、愛・地球博が開かれていた頃のモリコロ植栽。

なんとも美しく芸術性あふれるモザイカルチャーとなっておりましたが、

10年後…。

だ、誰だ、君は!

きっと移設・移設・移設の末にいつの間にか原型を忘れてしまった結果このようななんだかわからないキャラクターになってしまわれたのでしょう。せめて顔だけでも揃えてあげたかったですね。ファイナルファンタジー7のラストを思い出します。

ということで、金をかけず運動と時間をつぶすには最適のモリコロパーク、ぜひとも足を運んでみてください。

出典:モリコロパーク

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス