世界には、通りがかった人を思わず「あっ」と言わせてしまうような、奇想天外なデザインの建築物が数多く存在します。

どうやって建てたんだろう・・・とついつい見入ってしまうその風貌から、観光目的に訪れる人もいるほど、見た目だけで人々を楽しませてくれるそれらの建築物たち。

一生に一度は生で見てみたい、不思議な建築物の数々を紹介します。

「Krzywy Domek」(ポーランド)

出典 http://trend-news-info1.c.blog.so-net.ne.jp

日本語で「ねじれた家」という意味を持つこちらの建物はポーランドにあるショッピングセンター。おとぎ話の世界観にインスパイアされたデザイナーによる発案なんだとか。

ここがリゾート地ということもあり、外観でも観光客を魅了しているそうです。

カサ・バトリョ(スペイン)

出典 http://file.kuribo.blog.shinobi.jp

世界的に有名な建築家アントニ・ガウディが建築した、大富豪バトリョ家の邸宅。
曲線を描いた窓枠や、カラフルな装飾がなんともかわいらいいモダンアートを思わせます。

スペイン・バルセロナに存在する他のガウディ建築とともに世界遺産に登録されています。

チンクエ・テッレ(イタリア)

出典 http://i0.wp.com

イタリア西部に位置するチンクエ・テッレは5つの漁村を総称した地域のことで、このカラフルで美しい街並みが世界遺産に登録されています。ゆったりとした時間が流れる様は、まさしく非現実の世界。絵本の中にワープした気分になれます。

街並みだけでなく、綺麗な海でダイビングやシュノーケリング、おいしい魚介類料理などを食べることもできる、人気の観光スポットです。

ワンダーワークス科学博物館(アメリカ)

出典 http://wondertrip.jp

なにか大きな事故でも起こったのか!?と目を疑ってしまう外観をしているのがテネシー州にあるワンダーワークス科学博物館。建物が逆さになってしまっています。ロビー部分も天井から階段が降りてきていたりと、徹底して”逆さ”に作られています。

そんな同施設は、実験ショーや参加型のアトラクションなどを多く揃えた”科学の遊園地”のような場所。子供だけでなく、大人も夢中になってしまう楽しさだそうです。

フンデルトヴァッサーのアパート(オーストリア)

出典 http://tabizine.jp

オーストリアのガウディと呼ばれる建築家のフンデルトヴァッサーは奇想天外なデザインが特徴。その壁は歪んだり突き出ていたり・・・壁紙を破ったように外壁のデザインが変わっていたり、まるで子供の工作のような遊び心が散りばめられた建物です。

こちらは住人が住む正真正銘のアパートなので内部を見学することはできませんが、歩いて数分の所に「クンストハウスウィーン」という、フンデルトヴァッサーの世界観が味わえる美術館があります。

ヴァルトシュピラレ(ドイツ)

出典 http://wondertrip.jp

先ほど紹介したアパートと同じ人物が建設したドイツにあるアパートメント。フンデルトヴァッサー最後の作品となった建物です。「渦巻きの森」という別名を持ち、なんとも不思議な世界感が溢れています。

1000個あるという窓は全て違う形というこだわりようで、中には住居の他にカフェバーなども入っているそうです。

現地に行く際はぜひ立ち寄りたい!

思わず目を疑ってしまうような建物ばかりでしたね。

これらは観光名所として有名なところもあれば、そのデザインから思わず有名になってしまったという建物までありますが、SNSに載せれば友達を驚かせることができる可能性は100%!!観光ついでにぜひ寄ってみてはいかがでしょう。

こちらの記事も読まれています

この記事を書いたユーザー

はむぽよ このユーザーの他の記事を見る

【Spotlight公式プラチナライター】
愛する夫とのんびり妊活中♡
海外ドラマや海外セレブも大好きです。

得意ジャンル
  • マネー
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • エンタメ
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス